音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

ワイルドストロベリーへの思い

ワイルドストロベリーの実がついた。

ワイルドストロベリーへの思い_d0165645_21154314.jpg


ワイルドストロベリーが実ると、「幸運を呼ぶ」と言われている。

今年から、この実を見るのは切ない。




愛息プーミー(犬!)は、昨年夏、急死した。
その時、この子はなんてアンラッキーなんだろう、と泣いても泣いても
涙は枯れることがなかった。

ワイルドストロベリーの実は、
ブルーベリーと共に彼の大好物だった。
近所のお宅にたくさん植えられていて、
毎日そのお宅を訪れ、玄関で「ちょうだい!」をしていた。

そこのお宅も、
「アリが来るから、プーちゃん食べてちょうだいね~」と
彼の来るのを心待ちにしていた。

この時期、毎日お邪魔するのも申し訳なく
我が家にも植えた。

・・・・が、よそのお宅のを食べたがる。

ワイルドストロベリーが目的なのか
そのお宅へ行くのが目的なのか・・・

そのお宅で、ありったけの「芸」をしながら
ワイルドストロベリーを一粒ずつもらうのが楽しかったようだ。

今年は、私の家も
近所のお宅も、この実を楽しみに待つことはない。
そのお宅は
「プーちゃんいないのにさ、植えてたって仕様がないんだよね・・・」と
庭いっぱい広がったワイルドストロベリーを見て涙ぐむ。



アンラッキーだった、という突然の死も
今年この実を見て、「突然」ではないことに気づいた。
この実が成り始めたころから、
腰を痛がり歩けなくなり、ご飯を食べなくなってしまっていた。
腰が痛くて食べないのではなく
(アイツがそれごときで食べないはずはない!)
他に理由があったのだ。

もうこの時期から、きっと
神様のもとに行く準備をしていたのだ。



神様のところでは
もうずっとどこも痛くない。
妹のあみぃや、大親友のベルガーと遊べる。
私の心配をすることもない。
長いお留守番もない。

アンラッキーではなく、
ラッキーな子だったのだ。

ワイルドストロベリーはやっぱり
ラッキーな実 なのだろう。

そう自分に言い聞かせて
「初物」のこの2粒、彼の遺影の前に供えた。







よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-06-29 21:43 | | Comments(0)