音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

2歳児のレッスン

コンクールでは、3歳・4歳がフレーズを感じて立派に演奏しています。
「生まれ持った才能」という人が多いですが「
決してそうではない、と思います。
街の立ち話で「才能でしょ!」と言われると、説明も面倒なので
お茶を濁してしまいますけれど・・・

才能はどの子もあります。断言!
育て方、です!

3歳・4歳の「コンクール・キッズ」に
控室で会うと
ママたち、さすがです。
こういう風に接してこういう子ができたのね、と納得。



私は、オリジナルテキストを作って、2歳児のレッスンをしています。
ハルモニア 絶対音感コース


ママが幼児教育に自信が持てないときは
プロとして手助けしてあげるのが私の仕事、と思っています。

なんだかんだ言っても
「みつごの魂・・」で
この時期までにたくさん良質の本物に触れさせることは
その後の伸びに大きな影響を与えます。

そして幼児になったら
少しずつ「ちょっと我慢」を体験させます。

そうしたことの「手助け」は
近年「ピアノを習う子は学校の成績が良い」「ピアノを習う子にキレる子はいない」という
「ピアノ脳」の報告でも注目されていることでもあります。

昔の家庭は
大家族でしたから
そういうことを意識せず取り入れたのでしょうけれど
今の核家族化、多様化では
何がよくて何が悪いんだか
育児書を読めば読むほど、ママは迷ってしまいます。

ママがご自分の目で見て
教室の高校生はどう育っているか
教室のお姉さんお兄さんたちが憧れる存在であるかどうか
先生が尊敬できるかどうか
納得したら「手」を借りてみる、というのが良いと思います。
ママとベビだけではない
年代の違う世界がその先にあります。

2歳児のレッスンは
泣いてお稽古にならないときが続くときもあります。
ママ冷や汗状態なのですが、大丈夫!
その後急に信じられないほど成長しているものです。

私も2歳児がある日突然
ごあいさつをちゃんとして
ピアノに一人ですわり
音をさぐって、リズム正しく弾きだす感激は
「うちの孫、天才!ヨーロッパデビューか!」と
わくわくします。

あの泣いてお稽古にならなかったときは
泣きながら耳で密かにテクを習得していたのでは?という不思議さ。

だからママは焦ってはいけません。

2歳児の吸収力と言ったら
どの年代よりもすさまじい。
スポンジで水を吸うようなものです。

だからこそ、
この時期、たくさんのことを
楽しく自然に与えてください!
お日様もすてき、風もすてき、
虫もすてき、音もすてき・・・
2歳児のレッスンは、私の楽しみです。




昨日、素敵なバラをいただきました。ありがとうございます。
2歳児のレッスン_d0165645_13122877.jpg



よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-10 13:17 | 教室 | Comments(0)