音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

要領良い勉強の仕方

8年前に始まった「ゆとり教育」

円周率がサン、だなんて
「って言うかぁ~」
「みたいな~」
「アタシ的にわぁ~」
「エンシュウリツゥ?サン↑?」
って何から何まで曖昧にして日本国児童生徒学生を
おバカにしてしまった!

これではいかん、と
最近動きが変わりつつありますが
我が子大事ですもの、
まずは家庭で認識すべき。

テキトーにする、ってことではなく
いかに「要領良く勉強するか」
そしてそこから生まれた「ホンモノのゆとり」を
生き方を楽しむ時間を持って欲しい、
という実にアリガタイご本です。




賛否両論ある本には違いないけれど
まず、巻末の陰山先生の推薦文から初めに読んでいただきたいと思います。
和田先生の内容は
コンパクトな文で伝えきれないところが多くて
誤解されることも多いかな、と・・・・
陰山先生の言葉をまず読むことにより
和田先生の具体的方法がより見える気がします。


ゆとり教育が始まってから
子供たちのピアノを弾く時間が減った、って
ピアノの先生仲間で話しているのです!
減った、というより「質」が落ちた、ですね。。。

和田先生、陰山先生のような「コーチ」力が
私たちピアノ教師にも求められている時代なのだと思います。
「要領良い練習の仕方」です。







よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-30 20:49 | 心にとまった言葉 | Comments(0)