音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

読譜と空間認知脳

空間認知脳を訓練されていない人が
読譜をするのは、
非常に困難、と思うことがある。

「空間認知脳、とは
空間の中で位置や形を認識する知能、
「明日の朝10時」と言ったときにそれまでの時間をイメージする能力です。」
         ~林 成之~














「良い楽譜」「優れた曲の楽譜」というのは
見ているだけで美しい。
縦軸、横軸がきっちり図形として書かれている。

その楽譜を見て弾くのに
どうもリズムが苦手な生徒・学生もいる。
こことここを図形的に合わせれば良いのに・・・と思い、
説明するが
なかなか上手く行かない。

空間認知脳を鍛えるためにも
小さいうちから読譜をきちんとすることは必要であると思う。
by ree358 | 2010-11-10 18:10 | 心にとまった言葉 | Comments(0)