音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

「習い事は一点投資して月謝を惜しむな」

節約の王道林望著

以前、この本から抜粋し紹介したところ、「学歴がなんだ!」とお叱りを受け、消した記事があります。でもやはり!今朝再読して、同感できることが多いので、一部抜粋します。

「子どものうちからぜひ習わせたいほうがいいと個人的に思うものは音楽。

音楽を習わせる上で大事なことは、しっかりとしたプロの先生について個人レッスンを受けるということです。音楽教室でグループレッスンを受けていては、せっかく習わせても、その子に適性があるのかどうかが見えにくいし、たとえ才能があったとしても、その才能を十分引き出してもらえるとは思えません。

 芸大を出たような立派な先生がいたとして、その先生につけると月謝は2万円だけれども、音楽教室へ行けば6千円ですむ。こういう場合は、迷わずいい先生につけるべきです。

 いい先生は、子どもが興味を持つように、飽きないようにと、いろいろ工夫して教えてくれます。そして、すばらしい演奏をして聴かせてくれる。目の前で先生が見事な演奏をすれば、子どもだってそれを見て学びたいという気持ちになるはずです。

 先生が悪ければ、伸びる才能も伸びません。従って、悪い先生に払ったお金は無駄、いい先生に払ったお金は生きるということになります。お金を無駄にしないという意味でいえば、たとえ月謝が高くても、結局は節約になるわけです。それには、親自身がいい先生、悪い先生をよく研究しておかなくてはなりません。」

=================

先日、特別講師としてお稽古していただいた先生は芸大&芸大大学院卒。あたくしのピアノ恩師宮原先生も芸大&芸大大学院卒。声楽恩師鹿野先生、合唱指揮恩師の菅野先生もそうです。
音楽に関しては「学歴」は大いに関係あり!と、先日のお稽古で確信しました。
出る音、求める音、発せられる言葉・・・すべてが違います!
特に、発せられる言葉、です。
人間は、言葉でしか伝えられないじゃないですか。


良い先生に出会えるかどうか・・・やっぱり「運」ですよね。。。。。

人生は一瞬一瞬が大切。あたくしは精いっぱい子どもたちに「本物」を触れさせたい、今日も決意しました。
by ree358 | 2010-11-24 22:07 | 心にとまった言葉 | Comments(0)