音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

これで終わり、と思わない

「これで終わり!だから頑張らなくちゃ!」

確かに・・・
昔はあたくしもそう考えて頑張って来ました。

けれど、そうでしょうか・・・
「終わり」と考えた瞬間から、100%の力は出ません。

『本当はもっと上手くいくはずなのに…』そんな結果が出てしまいます。

あたくしの30年、という指導経験は決して長いものだと思いませんが、
ピアノ指導で何百人、合唱の指導ですと数えきれないほどの多くの方たちと
苦楽を共にしてきました。
自分自身と生徒たちの姿、そこから得た学びで

「ゴールを考えた瞬間、伸びない、そこまでの力が発揮できない」ということです。

脳科学の多くの本にも書かれています。

もっと早く気付けば、とも思いますが
失敗をたくさん経験しない限り、本当の自分の力とはならないものです。
それはそれで良かったのだと思います。

なぜピアノを弾くのか、
なぜお子さんにピアノを習わせたいのか・・・

発表会も、コンクールも、受験も・・・
今、これを読んでくださっているあなたが思う「素敵な答え」
のちょっとした「通過地点」に過ぎません。

「通過地点」をこの世の最大事件のようにたいそうにとらえるのは、
お子さんにとっても、ママにとっても
ただただ疲労困憊するのみです。

あたくしが「シ」のつくものがどんどん身体に増えて行っても
なんだか益々楽しい、と思えるのは
何事も、これで終わり、と思っていないからです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村
by ree358 | 2011-02-14 21:32 | 心にとまった言葉 | Comments(0)