音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

大槌の高校生

昨日はAちゃん姉妹のお稽古。

ママは高校の先生。
担任するクラスに大槌から避難していた子がいたのだけれど、
ご両親は内陸に残り、
高校生は大槌の仮設住宅に住むおばあちゃんのところへ帰ったそう。

・・・いがった・・・

津波で何もかも失ったけど、
失われないのは人間関係。
高校生になればもう大人。
それまで築いた人間関係がある。
大好きなおばあちゃんを一人残して来たのは辛かっただろう。
大槌に帰ったら帰ったで、
辛いことはいっぱいあるだろうけど、
彼女に残された絆は大槌にあるのだから。

内陸の高校で新しい人間関係も出来たけどね・・

おばあちゃんと二人、
きっとたくましく育って行くんだろうな、と思った。

内陸にバスで避難してきたものの
渡した数枚のお洋服を
「初めてちゃんとした洋服だった」と言った悲しさ。
女性用品も無くて困っていたらしい。

当面のお金も支給されず、
お父さんのお仕事はまだみつからず・・
どんなに辛かっただろう。

これからおばあちゃんとどういう暮らしをするのか
心配ではあるけれど、
一緒にいたら頑張れるネ。
初めて明るい表情になったそう。

======================

Aちゃんのおばあちゃんから
畑で採れたピーマンいただきました。
採れたてはおいしい!
ありがとうございます。
Aちゃんたちもおばあちゃん大好き。
「うちは雑草生えないんです」ってママ、
おばあちゃんが草取りしてるだけですから~~~~
おばあちゃんあってのAちゃん一家。




大槌の高校生_d0165645_16334756.jpg

by ree358 | 2011-08-21 16:34 | 震災復興 | Comments(0)