音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

代受苦

一昨日の学生たちの発表会。

幕が開いたとき、不思議だった。




すべてが止まった3月。

店は閉まり、流通は止まり、ガソリンに長蛇の列が並ぶ。

「悲しみと告別」

涙さえ止まっていた。





あれから8か月が過ぎた一昨日。
何事もなかったように客席から子供たちの歓声がホールに響く。

大船渡のAくんが司会。
代受苦_d0165645_11321365.jpg

にこやかに子供たちに語りかける「Aお兄ちゃん」
代受苦_d0165645_1133431.jpg







同じく大船渡のBくん。(右)
代受苦_d0165645_1138187.jpg

「とーさんの会社流された」と顔面蒼白で話していた彼。
かもめの玉子」は全国の皆さまに支えられていた。




すべてがなくなったように、報道されるけれど

大事なものは、ちゃんとここにこうして残っている。





仏教でもキリスト教でも「代受苦」という言葉がある。

失われた命は、あたくしたちの代受苦。

彼らの笑顔は、あたくしたちの業の代受苦。





さぁ、教室の発表会も、学校の発表会も
いつにも増して、最高の出来で終えることができた!

これからボランティア冬版へ動き出そう!





本業を全うしないでボランティアボランティア、と言うのは好まない。
彼らの「学生」としての最大限の努力を見届け、
次に進みます!


支えて下さる全国の皆さま、ありがとうございます!
by ree358 | 2011-11-20 11:55 | 震災復興 | Comments(0)