音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

児玉桃チャイコPコン

チャイコフスキーのピアノコンチェルト1番、児玉桃を聴いて来ました。
指揮:フェイサル・カルイ
オケ:ベアルン地方ポー管弦楽団
     東京国際フォーラムCホール



児玉桃、というピアニストがどういう演奏か聴いてみたかった。
あまりに有名なチャイコのPコン1番。今まで色々なピアニストで聴いて来た。
この日は、スタンディングも出ていたし、客席から素晴らしい、と感嘆の声が上がっていた。
あたくしが静かだったので、どうしたの?と聞かれてしまい・・・

正直なところ
全体構造としてどうなんだろう・・・
この曲、児玉桃、指揮、オケ・・・
もっと三者が波のようにぶつかり揺らぎ、時に溶けあっても良いのではないだろうか・・
そんなことを演奏後考えているうちに、
回りのお客さまたちは「いっやぁ~、良かった良かった」と移動している。
今回のコンチェルトは、
あたくし一人の未消化なのかも知れない。



自分のやりたいことをしっかり打ち出す彼女の演奏は
日本人にはあまりない感覚。とても魅力的。

あたくし、彼女のベートーヴェンのコンチェルトが聴きたい!

これが感想。





日本で育ったのではないな、初めの和音からそう思った。
この記事を書くために、今、彼女のプロフィールを見た。

1歳でパリ。13歳でパリ国立音楽院入学。
ニコラエワとシフが師。納得なっとく!




今度はソロを聴きに行こう!
これから益々楽しみなピアニスト。

ラフォルジュルネ2012のコンサート。
児玉桃チャイコPコン_d0165645_1862320.jpg

帰りは三菱一号館で食事。
by ree358 | 2012-05-11 18:09 | コンサート | Comments(0)