音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...

検索

画像一覧

タグ

レパートリーをもつピアノ

d0165645_1031892.jpg

小学生のとき お友達に

 「今 なに習ってるの? 弾いてみて」 

よく言われました



ツェルニーは 「すごぉいっ!」 と言われました

ハノンは 「ちゃんとしたの弾いてよ」 と言われました

バッハは ツェルニーより感動が薄く(笑)

ベートーヴェンやモーツァルトは・・・

・・・えぇっ??  なんだっけ???

そのうち お友達は

「おもしろいの やってよ」と 言います


おもしろいのね。。。テレビの曲 バカうけ!


・・・ウケたのは 習っていない曲だ・・・



家に帰って あたふたとピアノの蓋を開け

楽譜を開き

『なんで ここで 止まったんだよっ』

自分のふがいなさに イラッとします



・・・・・・・・

何十年も これは自分の中で 心の片隅にひっかかっていました



教室の生徒たちに 「ねぇ、 去年の発表会の曲 弾いてみて」

?????






2009年から ピアノ・レパートリー・テストを 3か月に一度行っています

ピアノは 人とコミュニケーションを 取らなければ “芸術”ではないのです

ただ練習曲を進むだけなら “調教” と同じです

子どもの教育は “調教” ではなく

その子自身が 考え 一歩ずつ成長する “教育” でなければなりません

同じ曲が 今はこう弾ける こう感じることができる

それが ピアノを楽しむ ことだと思います



どんな曲でも “簡単”ではありません

全ての積み重ねが “音色” に重なって行きます

“簡単”に出来あがったものを あたくしは信用しません

そのことを 震災で 認識しましたもの



レパートリーをもつことは 心の引き出しに 1曲ずつ 入れて行くことです

衣装持ちになってください(笑)



レパートリーをもつ ピアノ





【画像】先月いただいたお花。ありがとうございます。

ご訪問、応援ありがとうございます
こたつに入ると もうダメなのよ。。。わかるわかる!

人気ブログランキングへ

岩手県北上市・花巻市ピアノ教室【ハルモニア】
mail harmonia.musik@gmail.com
tel 080-8493-3718
ピアノレパートリーテストのページ作成しました
嬉しい皆さまの声更新しました
☆お教室の皆さまへ☆
コンクール東北本選 コンクール初トライ組 金賞(1位)&銅賞(3位)!
1月最終日曜は勉強会(レパートリーテスト)☆なので練習してください!
ピアノ調律しました☆
by ree358 | 2013-01-07 07:45 | 教室 | Comments(2)
Commented by yuka at 2013-01-10 13:15 x
mariko先生、改めまして今年もよろしくお願い致します♪

私も昔、こういう経験しました!
友達の前で弾いて喜んでくれたのは、JPOPが圧倒的に多かったですね。
どんな曲でもさらっと弾けるものがあるということって、大事ですね。
私の生徒にも浸透させたいです♪
Commented by ree358 at 2013-01-11 11:21
yuka先生 こちらこそよろしくお願い致します。

ピアノを習っていない方にとっては、「習っているのだからいつでも弾けるのだろう」、って思ってらっしゃいますものね。難しいことなのですよね。そこでコミュニケーションが止まってしまっては残念なことだと思うのです。

今年もみんなのレパートリーが増えるように指導して行きたいです。

              mariko