音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします




☆茶々丸ブログ☆
☆Twitter☆
☆Instagram☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

検索

画像一覧

タグ

ピアノ指導☆あがらないで弾く・・

d0165645_19582415.jpg

あがらないで ピアノを弾く人は

まだ未熟で 怖さを知らない人と

緊張を良い方向にコントロール出来るまで 練習を積んだ人の

2種類しかありません



生徒たちに どういう世界で 生きて欲しいか

なのですけれど

「怖さ」というか 「怖れ」「畏怖」 を感じ取れる人間に

なって欲しいと思うの



d0165645_19313717.jpg


練習をしなければいけない、と気付くことが大事。
そこから逃げないで、
どうしたら乗り越えることが出来るか、常に「考える」ことがもっと大事。
結果より経過が、一番大事!


これは生き方にも通じることで、
謙虚さがなくなったらおしまいなの。

大震災は怖かった。
けれど地球、自然、というものはそういうものなんだ、
と畏怖を感じ、そしてこの自然の中に生きていることの
畏敬の念も感じることができました。

そういうことは、日々、
謙虚にコツコツ、正直にまじめに生きて行くことでしか乗り越えられないでしょう。
揺らぐ自分を、常に軌道修正しながら生きていくしか
「怖さ」を絶ち切れない。


「怖さ」を知っているから練習する、謙虚に生きる・・
それが本当の「強さ」、「緊張をコントロールしながら弾く」になって行くのだと思います。






【画像下】高校生。
「あせらないように落ち着いて弾けるくらい練習をして行きたいです。
もっと曲に表現をつけれるようにしたいです。」




ご訪問、応援ありがとうございます

ピアノランキングへ

岩手県北上市・花巻市ピアノ教室【ハルモニア】
「ピアノ教育への思い4」4点更新しました
by ree358 | 2015-08-07 20:47 | 教室 | Comments(0)