音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

検索

画像一覧

タグ

2010年 09月 18日 ( 2 )

漢字を携帯で調べる私

とってもお恥ずかしい話なのですが・・・

あたくし、漢字をどんどん忘れています!

漢字だけではなくて、
冷蔵庫開けて「あれ?何取るんだっけ??」とか
会話も「こないだのあれ、あれしといてくださいね~」とか
かなり・・・・来ています・・・・・

(T_T)

家中 メモだらけです。
そのメモを忘れて買い物に行くものですから手に負えません。


家事の色々を忘れるのはともかく(オイッ!)
仕事で字を書くのに、
漢字が出てこない、ってのは辛いものがあります。

あたくしが大事なお席で、
ピッピ、ピッピ携帯をいじっているのは
メールをしているのではありません!
漢字を調べているのです!
どうかお許しください。

せっかく携帯で漢字を調べても
携帯の字が小さくて見えない、という悲劇が時々生まれます。

「電子辞書どんと開いておけば~?」
若者たちが呆れて申します。
そんな勇気はありません・・・
講習会のときなど、ずっとピッピピッピしているのですから・・・・

携帯が、電話やメール以外にこんなに役立つものだとは思いませんでした。

小学生のとき「わすれものグラフ」で1位、2位を争ったあたくし。
その忘れっぷりは、今、脳ミソに浸食しています。

タシュケテ。。。。。
今日も大事な漢字間違えてただよ。。。。









クリックのご恩はわすれません!
よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-09-18 23:49 | Comments(0)

子供用の音楽辞典

小学生のとき、初めて「国語辞典」を買ってもらったときの感動は
忘れ得ません。
その時期、ピアノの先生から「音楽辞典」を買うように言われ
買い求めました。

・・・・ちっともおもしろくありません!
高校生が使うような辞典で、
基本的に字が読めませんでした。

今はありがたいことに、いろんな辞典があります。

今日、小学生高学年の子に渡した辞典はこれです。
ありそうでなかった形から引ける音楽記号辞典

ヤマハミュージックメディア
売り上げランキング: 84526

賛否両論ある辞典には違いありません。
ゲーム感覚、記号カードで遊ぶ感覚で使って欲しい、と
思って渡しました。


もう少し大きい子には、
これをレッスンバッグの中へ入れておくように言います。

ポケット音楽辞典
ポケット音楽辞典
posted with amazlet at 10.09.18

音楽之友社
売り上げランキング: 69075



出てくる用語を先生が教えるだけではなく、
辞典を自分で引くことで、
プラス他の興味も持って欲 しい、
そう思って辞典を使わせています。
「買ってね」と言っても買わないでしょうから(笑)
渡してしまいます!


私は音楽辞典の他にイタリア語辞典はピアノのそばに常備。
書斎には英語、ラテン語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ハンガリー語、フィンランド語、スウェーデン語の辞典が並びます。
楽譜を見るのに、これだけの辞書が集まってしまったって、
我ながら溜息が出ます。
楽しいですけど!








よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-09-18 18:06 | 本・楽譜 | Comments(0)