音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします




☆茶々丸ブログ☆
☆Twitter☆
☆Instagram☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

検索

画像一覧

タグ

カテゴリ:音楽教育( 48 )

ピアノ教室☆勉強会☆「考える」☆都立美術館パンケーキ

d0165645_17301444.jpg
ピアノ教室 勉強会 終了しました

ハルモニア オリジナル レパートリー・テスト

39回目 
d0165645_17382001.jpg

今回は 「考えて」弾いているか に 注目しました

当たり前?

いえいえ

頭に 思い浮かべ 選択しながら弾く
 
ことは 「考える」とは 違います
d0165645_17294967.jpg
たくさんの ことを 学びますよね

頭に 「インプット」して 「学んだ」 ことを

「考えて」 行かなければ なりません



「思い浮かべる」「選択する」は 

「考える」 ことでは ありません

d0165645_18055535.jpg
ピアノの演奏も 先生の弾いたとおり

積み重ねて 弾き切るのは

「考えて」いません 

いつか 限界が 来ます

d0165645_21140568.jpg

生涯 音楽を 楽しむために

人生すべてを 楽しむために

生徒自身が 「考える」力を 育てます



音楽教育家 高橋麻利子






【画像3】東京都立美術館カフェのパンケーキ。あんこは「みはし」。都立美術館の企画力が毎回素晴らしい。このときはレオナール藤田。圧巻でした。
【画像4】小学4年生。勉強会を終えて。

「練習の時は何も考えないで弾けるけど、レパートリーテストの時は、緊張して考え事をしてしまう。(ので、さらに緊張してうまくいかない。)」これを書いてからどうしたら良いか、ウンウン唸って考えて・・・
ふだんの練習の時も考えて弾きます。

【画像5】中学2年生。

「次はテストが楽しみになるくらい練習したいです。小さい時はテストが楽しみだった。小さい時は簡単で、あまり練習していなくても褒められていた。キレイな演奏はどうすればいいか考えてる時、楽しいと思った。」










by ree358 | 2018-10-18 18:17 | 音楽教育 | Comments(0)

ピアノ教室通信100号☆ 知的好奇心☆ パレドオールのパフェ

d0165645_19434288.jpg
ピアノ教室 通信 第100号 配布しました

毎月「ハルモニア通信」として 連続発行

100回 となりました

d0165645_19420989.jpg
子どもの 知的好奇心は

本来 誰にでも あるものですが

それを 奪うのは 廻りの 環境です


d0165645_19425478.jpg
生徒の 知的好奇心を 満たし伸ばす 指導

生徒自身が それを受け入れる準備が あること

親が そういう土壌を 作ろうと 努力すること

三者が 上手く共存して 「知性」が 育ちます

d0165645_19414701.jpg
子どもは 自分が「利用されている」 と感づいたとき

反発する フリーズする 

ひどい場合は あきらめて 言うがままになる・・

何事も ある程度まで 伸びますが

その先は 伸びません


「知的好奇心」は そこで 枯渇されて しまいます


子どもを「利用」しているのは

指導者であったり 親であったり

自分自身に 自信がないと

無意識に そう接してしまいます
d0165645_19431285.jpg
昔は そういうことに 目をつぶるしか なかった気がします

今は パワハラ モラハラ という言葉で

人々に 認識されるように なりました



ずっと それとの 闘いでした

これからもでしょうね



静かに ひっそりと 闘い続け(笑)

お弟子さんたちの 知的好奇心を 満たす指導を

模索して 行きます




音楽教育家 高橋麻利子


【スマホからお問合せの方へお願い】スマホは初期設定のままですと、パソコンからのメールを拒否してしまいます。お問合せの際は、解除してから送信してくださいますよう、お願い申し上げます。

【画像1】6月の我が家の庭の花。芍薬、オルレア、スモークツリー。
【画像3】ミケランジェロはもちろん、古代ギリシャ彫刻を見ることが出来て興奮 (≧▽≦)
【画像4】中学生男子。「レッスンがとても楽しい。」ありがとー(^▽^)/

【画像5】パレドオールの限定パフェ。和三盆アイス、抹茶アイス、黒糖チョコアイス、和栗アイス、和三盆クリーム、抹茶クリーム、カカオの水ようかん、チョコアイス113.png113.png113.png



by ree358 | 2018-09-14 20:28 | 音楽教育 | Comments(0)

音楽指導☆軸 ☆大人のソルフェージュ

d0165645_12034237.jpg
「勉強したい」という意欲のある方に 教えるのは

大人の方でも 小さい子どもでも 楽しいです

d0165645_12070175.jpg
子どもの場合は

お家の中に 誰か お勉強を 楽しそうに やっている人が居れば

自然と お勉強好きに なります



子どもの勉強が 親自身の 今まで満たされなかった思いに 利用されれば

当然 勉強は嫌いだし

ねじ曲がった子に 育ってしまいます
d0165645_12043182.jpg

きっかけが そうであったにしても

お子さん 親御さん 指導者 一緒に 歩むことで

軸を まっすぐに近づけようとすることは

指導者自身の軸を 整えるためにも

努力すべきと 思っています


<常に これで良いか 軌道修正しなければ

すぐ 安易な方 に ブレて行きますから>

d0165645_12023461.jpg

「本物に なりたい

と 思って生きることは

人生に 天と地ほどの 開きが出る」


こんなことを ミワさま(笑)が

仰っていたことが ありましたが

自分が トシを 重ねるほど

それを 感じています





音楽教育家 高橋麻利子






【画像1】カラミンサ、キャットミント、タイム。
【画像2】お勉強会の様子。
【画像3】みんな足が大きくなっても小さいスリッパをはきたがるので(これが謎・・)サイズを書きました。

【画像4】大人の方、クラッシク楽器演奏を高めるためのソルフェージュ指導。音楽史・世界史を取り入れてお話します。そうすることで、基礎の土台が肉付けされます。そういうレッスンが出来るのも、学び手の方の今までの積み重ね、ご自身の姿勢、があるからこそ。

夢のような時間で、久しぶりに深い感動に浸って居ります。」


by ree358 | 2018-08-20 12:47 | 音楽教育 | Comments(0)

音楽教育☆子どもの日に・・

d0165645_18093665.jpg
お花 ありがとうございます

ラッピングの紙は 折り紙して

端午の節句 茶々丸の兜に しましたよ110.png

d0165645_18102094.jpg
「子どもの日」 に 思います

昔 花巻北高校で 授業は ベートーヴェンのスコアを読み

合唱は 全国大会 ヨーロッパ公演をやり

パルタ&ハルモニアで 幼い子も

ラテン語や ハンガリー語で 歌詞を 覚え歌い

そういう 音楽教育から

現在の仕事 幼稚園の先生を目指す学生たちに

「おはようのうた」「おべんとうのうた」

を 教えることになって すぐは

正直 なんだかなぁ・・と 思いました


東京音大の恩師に 静かに 叱られました



今 現在 置かれた状況を 真剣に 生きてみる


ピアノの力

お勉強の力

大人になってからの 生き辛さ 


人の一生を 左右するのは

幼児期の 過ごし方 と 気づきました

d0165645_18104924.jpg
プロピアニストの 先生

お稽古にいらしている 東大卒の生徒さん

いろんな方に 幼児期の過ごし方を 伺いました


あたくしでしか 経験できなかったこと

知り得なかったことが たくさん あります

それを 今 伝えて行こう



あたくしと ご縁のあった子 すべて

満たされた心 に育ってもらわなくては いけないの


指導が 変われば

生徒も 変わる

お母さんも 変わる

お父さんも 変わる


一緒に 向いて行く 教室であることに

とても 誇りを 感じています


教えていただける それぞれのエキスパートが

いつもそばに居る 職場であることに

感謝しています


音楽教育家 高橋麻利子




【画像1】頭動かさないのーっ!と言って撮ったキセキの写真(笑)
【画像2】先日のコンサート。
【画像3】高校1年生。練習ノート。演奏する数曲を止まらずに弾く、を週に200回~250回やったようです。

「スタインウェイの弾きやすさに感動しました。弾いている時の音を聴いて、とてもきれいな音が出るな、と思いました。
(小さい子たちの発表は)本の音読やみんなで歌ったりして、とても楽しむことができました。
次(の発表)も、楽しんで友達の演奏を聴いて、自分の演奏ではしっかり集中して演奏しようと思いました。そのために、これからもコツコツと練習に励みたいと思います。」

by ree358 | 2018-05-15 18:54 | 音楽教育 | Comments(0)

論文御礼☆

d0165645_17311653.jpg
論文

「読み・書き・ピアノ」表現力を高めるピアノ指導法の研究
~「レパートリー・テスト」活用でより豊かなピアノ表現を~

お陰様で 発表致しました


ピアノ教室 生徒の皆さま

教室生徒 ご家族の皆さま

卒業生の皆さま

大学の先生方

母校 東京音楽大学の先生方

友人・知人 

ご協力 お励ましくださった 皆さまに

心より 御礼申し上げます
d0165645_17315218.jpg




2009年 「レパートリーテスト」

「読み・書き・ピアノ」という 

独自のピアノ指導法を 取り入れました



2013年 母校 東京音楽大学にて

全国から集まった 合唱指導者のための講習会 事務局長


2014年 論文「ソルフェージュ能力を高める幼児期のピアノ指導法の研究」発表

そして 今回の 論文発表 となりました




「大人の休日俱楽部」世代になり

あたくしが 次世代に 伝えられることは なんなのか

これから まずは 自分自身のために

自分を大切にし

一番身近にいる人たちを 

一番長く付き合っている人たちを

大切にし


微力ながら

音楽教育 という仕事で

人々に 幸せを感じていただけるよう

さらに勉強を 続けます


どうぞ これからも よろしくお願い申し上げます

ありがとうございました



音楽教育家 高橋麻利子




【画像】狆の紙箱。1890年代フランスの石版多色刷り。


by ree358 | 2018-04-05 19:34 | 音楽教育 | Comments(0)

音楽指導☆マザーテレサの言葉☆ロブションのチョコレート


d0165645_22163212.jpg
遠野の語り部が なぜ 人々の心に 染み入るのでしょう

自分の言葉 で 話しているからです



自分の言葉 は 耳や目から入ったものが

心の中で 消化され

自分の言葉として 新たに 産み出されます

d0165645_22173169.jpg
未消化な 状態は

コピー でしかなく

なんの 心をも 打ちません

d0165645_22154832.jpg
コピーの演奏 は それ以上育たない

だって 栄養になるまで 消化されていないのですもの

そういう弾き方を していったら

そういう生き方 になってしまう

d0165645_22160272.jpg
思考に 気をつけなさい。それはいつか 言葉になるから。
言葉に 気をつけなさい。それはいつか 行動になるから。
行動に 気をつけなさい。それはいつか 習慣になるから。
習慣に 気をつけなさい。それはいつか 性格になるから。
性格に 気をつけなさい。それはいつか 運命になるから。
by マザー・テレサ
d0165645_22165104.jpg
音楽を学ぶことで

共に 気づいて行きます


音楽教育家 高橋麻利子






【画像1】ジョエルロブション の「やわらいチョコレート」
【画像2】レッスン室に柳
【画像3】勉強会
【画像4】「なにができますか?」という宿題を出された子のノート2ページ目。気づくことが多くなればなるほど演奏する音に豊かさが加わります。
【画像5】美味しい豆乳と出会えたので、黒糖豆乳プリンを作りました。


by ree358 | 2018-02-12 22:45 | 音楽教育 | Comments(2)

ピアノ指導☆哲学☆ 茶々の手編みセーターは・・

d0165645_10380935.jpg
雪と氷の世界 になってしまいました

寒すぎて 頭痛がしたりするんですけれど

季節の楽しみを 考えると

吹っ飛びます (^▽^)/

頼んでおいた シュトーレンが 届きました
d0165645_10374002.jpg
こーしろ あーしろ だけ言う

支配性の強い 指導は

もはや 前時代のもの でしょうね

生徒が 「はい・・」しか言えない指導

というのが

あたくしが 高校のときまで受けたもの
d0165645_10404663.jpg
東京に行って

「あなた パールハーバーの問題 どう思う?」と

ピアノの先生に 聞かれたとき

ぶっ飛びましたね


あぁ これが 勉強する ってことなんだ

と カルチャーショックでした

ピアノを学ぶ ということが

哲学

と 気づいた瞬間です
d0165645_10413451.jpg
考える力

を 育てます
 


音楽教育家 高橋麻利子




【画像2】現在中学1年生、ちょうど1年前と現在を比較。

1年前
「うまく弾けたと思います。あまり考え過ぎないようにしました。」

現在
「今回やる曲は、こうで~、こうで~、としっかり頭に入れて、先生に言われてそこをただ直して弾く、ではなくて、そこからどうしたらももっと自分が良いと思える演奏になるのかを考えながら練習して行きたいたいです。」

【画像3】お弟子さんの作った和菓子、浮島。

【画像4】「茶々クンのセーター、どーなってんのぉ?」「と聞かれます。( ´艸`) こーなってんの。余り糸で編みました。

by ree358 | 2017-12-13 11:08 | 音楽教育 | Comments(2)

音楽教育:自信を宿す ★柿のせチーズトースト

d0165645_15014425.jpg
自慢 ありますか

もの? お子さん? ご主人の職業?
優越感 自慢は

自信 とは 違います

d0165645_15025605.jpg
「コンクールで 賞をとって 自信を つけさせたいんです」

それは あなたの自慢 であって

子どもを 道具として 利用しているだけですよ

d0165645_15032337.jpg
自信 とは

静かなもの ゆるぎないもの


ガチャガチャ ワクワク♡ ソレヤレッ! 

なんていう世界とは

違います
d0165645_15021034.jpg
自信のない人が 自慢するんです

自分の心 奥底に 安心感のない人が

優越感を 感じることで 安心するんです



子どもたち 一人一人

短い間指導する学生たちの 心のどこか 隅っこにでも

本当の 自信が 宿るよう

音楽を通して 導きたいと 思っています



あたくしが 東京の先生たちに 出会って

人生観が 全く変わってしまった ように


音楽教育家 高橋麻利子




【画像1】ウヴル田口氏(雑誌LEEカレンダー)作品。
【画像2・3】小学生の楽譜とノート。自分で工夫して。
【画像4】チーズトーストに柿、ローズマリー、ピンクペッパーを。大ヒット(^▽^)/

by ree358 | 2017-12-06 15:33 | 音楽教育 | Comments(0)

☆クリスマスのお菓子「キプフェル」☆共感の否定をしない

d0165645_14011545.jpg
お弟子さんが 焼いた クリスマスの お菓子

キプフェル

マリーアントワネットが愛した お菓子ですって♡

d0165645_14013672.jpg

小学2年生頃まで 子どもは いろんなことに

気が付いて 口にします 

4年生くらいまでの 間に

「これは 言っちゃまずいんだな」 と 学習します

d0165645_14015624.jpg
この時期にこれらの 気づき に対して

「注意」「躾」「指導」の名のもとに

ことごとく 共感の否定 をされてしまうと

中学生の頃には すでに

自分の本当の気持ちを 外に出せず

外的評価ばかりを 求める子になってしまいます

d0165645_14384323.jpg
頑張ったら 頑張っただけ 評価が得られる



凄いことだけど

他人はそんなに あなたに興味がない

実のところ



年寄りで やたら元気がいいのは

他人の評価を 気にしないで

好きなことやっている人


あたくしの回りに いっぱい居て 

楽しい☆



音楽教育家 高橋麻利子




【画像1】ヘーゼルナッツのクッキー。お皿は米国アンティークのミルクガラス。
【画像2右の子・3】小学2年生。⇒★勉強会 のテーマは「お友だちの演奏を聴きましょう」

「〇さん:最初の曲は優しくて、最後の方はだんだん強く弾いていました。(※クレッシェンドがわかるように弾いていた)
 「冬のぺんきやさん」でやさしく弾いていました。(※曲にあった音を出していた)
〇さん:「だいふくじぞう」で歌って弾いていました。(※リズムにのって弾いていた)
「さかあがり」で、頑張ってさかあがりをしているように弾いていました。(※一生懸命丁寧に弾こうとしていたのが伝わった)」

原文を漢字に変換しました。※は、先生の解釈。

【画像4】「ひとりでできるもん」の4歳(女の子)と3歳(1匹)


by ree358 | 2017-11-14 15:03 | 音楽教育 | Comments(0)

音楽教育☆子どものストレスに気づく☆ダッフワーズ

d0165645_18190081.jpg
お弟子さんの 焼いた ダッフワーズ

アーモンドプードルと 粉砂糖の焼き上がりが 香ばしくて

こんな美味しい ダッフワーズ 初めてだわ♡
d0165645_18132897.jpg
子どもが 親に

愛してもらっている

大切にされている


だから 愛せるし

大切に できる

d0165645_18122603.jpg
親や先生が 熱心すぎて

子どものストレスに 気づいていない場合があります

ボーッとしている
(自分の意見を言う前に大人が口を挟む)

いつも笑顔でいる 
(守られなければならない子どもが、
「太陽」でいなければいけない状態にある)

ストレスに蓋をしたまま 大人になったら

負の連鎖 になるでしょう
d0165645_18125369.jpg
音楽を 学ぶことで

幸せになってほしい



幸せって どういう状態なの?

それを 常に 自分に問いただしています




音楽教育家 高橋摩利子


「皆さまの声7」 のページ出来ました
「皆さまの声」 更新しました

【画像2】小学5年生。
「<大切なもの>自分、友達、家族、生き物、ペット(カメ、インコ)
 <大切なこと>生き物を大切にすること、人を大切にすること、だれにでも公平、協力しあう」

【画像3】朝食。紫玉ねぎとジャガイモのサラダ。
【画像4】久々のパン作り。クランベリーとくるみのカンパーニュ。茶々の脚がよくなって、やっとパンを作る気になりました。ありがたい(^▽^)/


by ree358 | 2017-09-11 18:51 | 音楽教育 | Comments(0)