音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします




☆茶々丸ブログ☆
☆Twitter☆
☆Instagram☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

検索

画像一覧

タグ

カテゴリ:コンサート( 14 )

☆伊藤馨一氏彫刻展

d0165645_10584316.jpg

「石に願いを。」 伊藤馨一 彫刻展

開場式 お話 ピアニスト長岡さんの「月光」全楽章演奏

拝見 拝聴して 参りました




美術や音楽は 言葉で表すことのできないものの表現

と よく言われますが

言葉に 置き換える のではなくて

身体中から どうしようもなく溢れ出る 言葉のエネルギーを

もう こらえきれなくて

作品にしている 

この展覧会で 気付きました



馨一さんの仏像 般若心経の 一文字一文字に

心を揺さぶられ

そのエネルギー 祈り の中に

しばし 身をうずめました



そして “師”から 学ぶこと

教える立場として 大事にして行くこと

再認識して 帰って参りました

感謝



Ars longa




松岡淳先生のコンサートでは、伊藤馨一さま初め、白亜会の皆さまに大変お世話になりありがとうございました。

招待状を頂き、お礼のお便りに住所印を押さず、つまり差出人無記で出してしまう、という大ボケをやってしまいました。気付いたときには遅し。その日出した郵便はすべて(汗)。追ってお詫びのハガキを出す、という始末。目出度い席になんという・・あぁ・・。「トシでかなりヤバい・・」と嘆いたら、「いっつもだぁ」と花巻弁が帰って来ました。。。。


□ □ □ オマケ   会場は“道の駅”直結。
d0165645_1141534.jpg

岩手町特産キャベツの焼きうどん。麺が美味しいの♡ ブルーベリーのソフト♡♡♡



ご訪問、応援ありがとうございます

ピアノランキングへ

岩手県北上市・花巻市ピアノ教室【ハルモニア】
皆さまの声 3点更新しました
★お問合せフォーム★
by ree358 | 2015-08-12 11:55 | コンサート | Comments(2)

【お知らせ】ピアニスト松岡淳サロンコンサート

d0165645_1525868.jpg

サロン・ピアノコンサートのお知らせです

ブラームス国際コンクール優勝ピアニスト松岡淳のピアノコンサート

トシ・ヨロイヅカのケーキをご用意

国際経験豊かな一流ピアニストの演奏とハートフルなトーク、そして極上のスイーツ

至極の時間を!


 
<演奏>ピアノ: 松岡淳 
<日時>2013年4月27日(土) 午後2時 開演 
<場所>六本木シンフォニーサロン (港区六本木7-18-12)
          ■地下鉄日比谷線六本木駅2番出口より徒歩1分 
<チケット代> 4000円( トシ・ヨロイヅカのケーキ&コーヒー付き )
<チケット> 前売り40席限定! (2月14日バレンタインデー&大安吉日発売)
<主な曲目>●リスト: 「愛の夢」 
         ●ドビュッシー:  「月の光」
         ●ワーグナー=リスト : タンホイザーとローエングリーンより2つの小品から「入場行進曲」
         ●スクリャービン: ピアノソナタ 第4番 嬰ヘ長調 作品30
   
※6月20日オペラシティでのリサイタルとは別プログラムです!

※松岡淳 : 東京藝大、同大学院卒。ブラームス国際コンクール優勝、他詳細はこちら→

d0165645_1514436.jpg

チケット申込フォーム




035.gif「2月中旬の大安吉日販売」「6月20日オペラシティのリサイタル・プレとなるような暖かくおしゃれな雰囲気が出るように」「トシ・ヨロイヅカの許可をとって」・・・等、上からの要望に応えるべく今日の販売日を迎えました。
2月中旬の大安吉日って、バレンタインデーだったのね053.gif
マツじゅんファンの皆さま、当日はおいしいケーキとマツじゅんのお話もお楽しみください。

あたくしと友人、まずはダイエットします。。。間にあうか。。。。
   「ケーキは、40席だから50個ですよね」
          ※ ドルチェだいあり~トシ・ヨロイヅカの記事


ご訪問、応援ありがとうございます

人気ブログランキングへ
by ree358 | 2013-02-14 15:32 | コンサート | Comments(0)

松岡淳in東京オペラシティ

松岡先生のリサイタルお知らせです。

松岡淳 ピアノ・リサイタル 
今月2012年6月27日(水)夜7時開演 東京オペラシティ
入場料 3500円

曲目:
ブラームス鍵盤作品シリーズVol.9
~ドビュッシー生誕150年に寄せて~
ドビュッシー 前奏曲集 1巻
ブラームス 創作主題による変奏曲 Op.21-1
ベートーヴェン ピアノソナタ 23番「熱情」

マネジメント・問合せ: デュオジャパン Tel:03-5428-0571
後援:ハンガリー共和国大使館

松岡淳プロフィール
東京藝大、同大学院修了。リスト音楽院留学。
ブラームス国際コンクール第1位、他、数々のコンクールで入賞。
現在、国内外で演奏活動。

詳細は下記画像(チラシ転載)をご覧ください。
d0165645_1518131.jpg

d0165645_15192563.jpg


松岡淳ブログ「ピアノと共に」
ここからもチケット購入出来ます。
by ree358 | 2012-06-07 15:33 | コンサート | Comments(0)

オルフェウス&ゴトーリュー

昨日は、北上さくらホールでコンサートを聴いてきました。

オルフェウス室内管弦楽団と五嶋龍です。


オルフェウスは、多国籍の良さが出るサウンドでした。
今まで聴いたことのない音。

ロッシーニの序曲1曲と、メンデルスゾーンのイタリア。

龍くんは、ベートーヴェンのコンチェルト ニ長調。



ア~ネ~は「リュウくんと3回も目があっちゃった053.gif」と騒いでいました。


・・・・いがったね・・・・


これからのアーティスト、客席目線で行く、か・・・・・
by ree358 | 2012-05-31 09:55 | コンサート | Comments(0)

児玉桃チャイコPコン

チャイコフスキーのピアノコンチェルト1番、児玉桃を聴いて来ました。
指揮:フェイサル・カルイ
オケ:ベアルン地方ポー管弦楽団
     東京国際フォーラムCホール



児玉桃、というピアニストがどういう演奏か聴いてみたかった。
あまりに有名なチャイコのPコン1番。今まで色々なピアニストで聴いて来た。
この日は、スタンディングも出ていたし、客席から素晴らしい、と感嘆の声が上がっていた。
あたくしが静かだったので、どうしたの?と聞かれてしまい・・・

正直なところ
全体構造としてどうなんだろう・・・
この曲、児玉桃、指揮、オケ・・・
もっと三者が波のようにぶつかり揺らぎ、時に溶けあっても良いのではないだろうか・・
そんなことを演奏後考えているうちに、
回りのお客さまたちは「いっやぁ~、良かった良かった」と移動している。
今回のコンチェルトは、
あたくし一人の未消化なのかも知れない。



自分のやりたいことをしっかり打ち出す彼女の演奏は
日本人にはあまりない感覚。とても魅力的。

あたくし、彼女のベートーヴェンのコンチェルトが聴きたい!

これが感想。





日本で育ったのではないな、初めの和音からそう思った。
この記事を書くために、今、彼女のプロフィールを見た。

1歳でパリ。13歳でパリ国立音楽院入学。
ニコラエワとシフが師。納得なっとく!




今度はソロを聴きに行こう!
これから益々楽しみなピアニスト。

ラフォルジュルネ2012のコンサート。
d0165645_1862320.jpg

帰りは三菱一号館で食事。
by ree358 | 2012-05-11 18:09 | コンサート | Comments(0)

リゲティ Papaine

Ligeti 作曲 Papaine 
 (マジャール語表記できなくてゴメンナサイ!)
エルヴィン・オルトナー指揮 栗友会合唱団
東京墨田トリフォニーホール大ホール

を聴いて来ました。

大好きな曲が、
オルトナーによって、ダイナミックに全く別の曲のように聴こえ感動しました。
マジャールの歴史、内に秘めたエネルギー、ユーモア・・・
そうした魅力が押し寄せるように、かつ
平原にそよ吹く風のようにさりげなく
心に沁みて行きました。

栗友会の日頃の訓練、
ソルフェージュ力の高さは
こうした曲の良さを引き出します。
このご時世にこんなまじめな若者たちがいる、って
やたら感動してしまいました。(!)



「音楽樹」主催 「東京カンタート2012」のコンサートです。
d0165645_21234112.jpg

by ree358 | 2012-05-08 21:27 | コンサート | Comments(0)

庄司紗矢香=ショスタコ コンチェルト 

庄司紗矢香のショスタコービッチ ヴァイオリンコンチェルト を東京国際フォーラムAホール(座席数5008)で聴いてきました。
オケはウラル・フィルハーモニー、 指揮はドミトリー・リス。

テレビで彼女の演奏を見て、
ぜひとも生で!という夢がかないました。

しかも大好きなショスタコ。


1,2楽章は彼女のクリスタルな演奏と、オケとがなかなか一体化しない感じは否めません。
3楽章 泣きました!
ウラル・フィルの音に、早春の地表の、溶けかかった凍りと眠りから覚めた土の匂いを感じました。
庄司紗矢香のヴァイオリンは、ひとつの無駄もなく、甘ったるさも何の迷いない音です。緻密に構築され鍛え上げられた音楽は、今、この時代が欲しているもののように思います。
ショスタコの数学的絵画的作曲技法と、彼女の演奏がどうしてこれほどマッチするのか・・今、彼女のプロフィールを見ましたら、彼女は絵の個展も開いているのですネ!納得。

最も楽しみなヴァイオリニストです。
心から感激しました!
d0165645_12461123.jpg

このコンサートは「ラフォルジュルネ2012」のイベントでした。
by ree358 | 2012-05-07 12:48 | コンサート | Comments(0)

「日本の作曲家2012」

JFC(日本作曲家協議会)による
「日本の作曲家2012」のお知らせです。

第2夜に恩師 宮原節子先生が出演致します。
相変わらず年齢不詳、お美しい宮原先生です。
門下の皆さま、震災の節にはご心配おかけしました。
ありがとうございます。

==============

 第2夜 2012年1月26日(木)19時開演(18時半開場)

 

会場:サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

   

「第39回楽譜制作作品演奏会」

演奏曲目:田丸彩和子 :フルート独奏のためのストリーム

       二宮 毅 :夜に滲む

宮原 節子 :「何処かで・・・」歌とピアノの為の四つの詩

      木下 大輔 :ゆがんだ十字架のヴァリアント

                     -ピアノ独奏の為の-

      小櫻 秀爾:尺八と筝のための三つの小品

          小川  類 :ガ.タ.リ.

          青木 省三 :Arc VIIb for two pianos
by ree358 | 2012-01-06 12:25 | コンサート | Comments(0)

お姫様&王子さまのコンサート

松岡先生のコンサートお知らせを載せてから、
毎日お問い合わせが続いております。

ありがとうございます。

11月の県民会館に続き、
沿岸での「お姫様(森知英先生)と王子様(松岡淳先生)」のコンサートのお知らせです。

2011年12月23日(金)
種市町セシリアホール 

先生たち(森知英&松岡淳)はゲスト出演。ピアノ2台の演奏とソロ。
出番は15時~16時20分
入場無料


セシリアホールのスタインウェイ選定は松岡先生が行いました。
そのピアノを用いての、リスト2台は圧巻です!

興味深いのは、
調律師の鈴木さんと黒田さんお二人を加えてのワークショップです。
日頃、裏方に徹するピアノ調律師さん。
ピアノは調律師さんの腕で全く変わってしまいます。
ピアニストたちは、自分のお抱えの調律師さんがいらっしゃいます。
お二人がどんなお話をなさるか、楽しみですネ!
鈴木さんの震災支援活動には、敬服しております。

お姫様と王子様は盛岡一高の同級生。
二人とも藝大に合格したときは、皆が驚いたものです。
ついこの間のこと、と思ったら
ずーーーーーーーーーーっと前のことでした!
(・・・・・・森さん、ゴメンナサイ・・・)

二人が同時に奏でるリストは、金剛石の輝きを放ちます!


======================
昔、森さんのリサイタルのとき、
叔母様(高田の〇先生デス)から頂いたフレーム。
大事に使っています。053.gif
d0165645_18124123.jpg


あんまり昔むかし、と言ってはまずかったかな・・・(汗)
「お姫様」「王子様」って、何歳まで言っていいんだろう・・・ボソ・・・

======================
松岡淳先生ブラームスシリーズ、次のリサイタルは、
2012年6月27日(水)19:00
東京 オペラシティ
by ree358 | 2011-12-05 18:25 | コンサート | Comments(0)

ピアニスト松岡淳in東京

ピアニスト松岡淳先生in大阪のお知らせに続き、
お江戸版のお知らせです。

花のお江戸のリサイタルは、

2011年12月15日(木) 19時開演
杉並公会堂 小ホール
全席自由¥3000

松岡淳先生のブログよりチケット購入の場合¥2500

先生と直接コンタクト、だなんてとってもおしょしぃ恥ずかしいわ、
と仰る方はイープラスより。

プログラムは、先生のブログより転載です。

===============

リクエストによるピアノコンサート
「松岡淳 クリスマス・リサイタル」

バッハ=ヘス:主よ、人の望みの喜びよ
シューベルト:即興曲 変ト長調 Op.90-3
モーツァルト:ピアノ・ソナタ ヘ長調 K.332

ショパン:ポロネーズ 変イ長調 Op.53【英雄】
ショパン:バラード 第4番 ヘ短調 Op.52
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.66
シューマン:トッカータ ハ長調 Op.7
シューベルト=リスト:アヴェ・マリア


================


う~~~ん・・・バラ4かぁ。。。。。聴きたい・・・・

その日、学校2年生の冬休み前最後の授業日で
残念ながら行けないと思うのです。
でもなぁ。。。とウダウダと悩み中。

レストランでメニューを決めるのは早いのに、
どうしてこういうことは遅いのかしらん?




行ってもいいですか?

・・・・って誰に聞いてんねん!(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ

d0165645_2343305.jpg

by ree358 | 2011-11-30 23:44 | コンサート | Comments(0)