音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

<   2010年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧

「おへそでリズムを取る」

24時間テレビの中で
耳に傷害のある、若く美しいバレエの先生が出ていらっしゃいました。

その愛情ある厳しいレッスンと
食いついて指導を受ける子供たちの姿の美しいこと!

指導の中で
「おへそでリズム取らないの?!」
という言葉にドキッ!

リズム感の良くない子は
おへそでリズムを取っていない

そのことに気付きました。

赤ちゃんの動きはどうでしょう。
みんな、おへそが支えでリズムを取っていますよね。

それがいつどこでそうなるのか・・・・
幼稚園のときから
あるいは小学校へ入ってから
ピアノを習う子の中には
身体でリズムを感じられない子がいます。
これには四苦八苦。

赤ちゃんとのきには出来ていたことが
退化してしまっている子も多い、ということです。

これは私にとって大発見でした。

おへその下、はとても大切なところ。
そこに力を感じられない
そこにリズムを感じられない
というのは
健康や脳に取っても、良くないことなのではないでしょうか・・・

これから指導するときに
気をつけていきたいと思います。

分野が違っても
優れた指導者から学ぶべきことは多いものです。








よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-31 22:18 | 心にとまった言葉 | Comments(0)

食欲

食欲_d0165645_21165248.jpg


今日のランチは秋刀魚の蒲焼き。
初物♪

こんなに食べたんだから
夜はおなか空かないかと思ったら
夜は夜だった。

「最近
暑くて食欲なくて~~」
と世間に言ってしまっていたが
大きな間違いであった。

「いつもより少ない」だけで
人並みにはある、ってことだった。

正しい日本語の認識に欠けているアタクシ・・・






よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-31 21:28 | ランチ | Comments(0)

要領良い勉強の仕方

8年前に始まった「ゆとり教育」

円周率がサン、だなんて
「って言うかぁ~」
「みたいな~」
「アタシ的にわぁ~」
「エンシュウリツゥ?サン↑?」
って何から何まで曖昧にして日本国児童生徒学生を
おバカにしてしまった!

これではいかん、と
最近動きが変わりつつありますが
我が子大事ですもの、
まずは家庭で認識すべき。

テキトーにする、ってことではなく
いかに「要領良く勉強するか」
そしてそこから生まれた「ホンモノのゆとり」を
生き方を楽しむ時間を持って欲しい、
という実にアリガタイご本です。




賛否両論ある本には違いないけれど
まず、巻末の陰山先生の推薦文から初めに読んでいただきたいと思います。
和田先生の内容は
コンパクトな文で伝えきれないところが多くて
誤解されることも多いかな、と・・・・
陰山先生の言葉をまず読むことにより
和田先生の具体的方法がより見える気がします。


ゆとり教育が始まってから
子供たちのピアノを弾く時間が減った、って
ピアノの先生仲間で話しているのです!
減った、というより「質」が落ちた、ですね。。。

和田先生、陰山先生のような「コーチ」力が
私たちピアノ教師にも求められている時代なのだと思います。
「要領良い練習の仕方」です。







よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-30 20:49 | 心にとまった言葉 | Comments(0)

ガラスを集めて

外へ出るのも億劫な暑さ。

ガラスを集めて
見た目だけでも涼しさを・・と。
ガラスを集めて_d0165645_18481675.jpg


今日はお家のあちこちに
日々草を置きました。

この暑さで元気なのは
こういうお花だけですね   ε=( ̄。 ̄;)フゥ







よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-30 18:52 | | Comments(0)

失敗ができる人

松下幸之助さんの人材の選び方
・失敗ができる人
・同じ失敗は二度としない人


失敗をしない人とは、
最初から危険なことにチャレンジする勇気のない人であり、
同じ失敗を二度する人は、
失敗から学ぶ能力に欠けているということです。


         「マーフィー 1分間で夢を叶える!」より

マーフィー「1分間」で夢を叶える! (王様文庫)
マーフィー“無限の力”研究会
三笠書房
売り上げランキング: 247778



失敗が出来る子、と置き替えてみた。
最近のお母さんたち、
我が子は「傷つけたくない」とおっしゃる。
傷つく、って「失敗する」ことらしい。
親心としてはそうだけれど
失敗をいっぱいやって来た子の方が
将来絶対強い!
ここはお父さんたちに
「失敗してもいいからやってみろ!」と
ドンと背中を押して欲しい!

親自身が失敗したことを受け止める
自信がなくなってきた世代なのかも知れない。

その点、トシヨリって強いからなぁ~~~~








よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-29 21:33 | 心にとまった言葉 | Comments(0)

「ニューハーフだから・・・」

今日はコンクールで、
生徒がトロフィーもらったのにそこでは泣かず

24時間テレビのはるな愛ちゃんの言葉で泣いているアタクシ・・・

「お母さん、お父さん
ニューハーフに産んでくれてありがとう。
ニューハーフだからこんなチャンスもらった。」


番組最後の最後でこう言って
アタクシ まだ泣いています。。。。。


この子、どんなに
苦しんで来たのだろう
そして今も
毎日メンテナンスしないと整形の身体は痛むのだそうだ。

それなのに
ニューハーフだからチャンスもらった、って
現実をちゃんと
自分で受け止めて・・・

だから神様が応援したのだわ。

私は現実を受け止められないことがたくさんある。
いつかは痩せる
いつかはこの曲、ラクラク弾ける・・・・

あぁ、甘いなぁ、ゆるいなぁ、と思い反省しつつ
「行列」見ながら巨峰食べてる・・・・



そうやってアタクシの人生は過ぎて来た・・・・・・・



よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-29 21:08 | 心にとまった言葉 | Comments(0)

古典派をきちんと弾く

なぜ音楽大学の入試に古典派があるのか
今さらながらよくわかった。

我ながら気付くのが・・・遅いっ!

今、勤務している保育科の学生を教えていると
古典派の簡単なソナチネ、ソナタをきちんと弾ける学生が
ほとんど・・・いない!

高校で教えていたときには
こういうことは、気付きもしなければ
思いもよらなかった。

そのとき
飛び込みの音大受験生を数多くレッスンしたが
「なぜ?」などと考えている暇もなく
とにかく受験に間に合わせなければ
という思いだけで
必死に取り組んでいた。

今、保育科の学生と接していると
古典派をきちんと弾くことの重要性がよくわかる。

古典派をきちんと弾くことが出来る
数少ない学生に
子供のときどなたに師事していたか聞いてみた。
(良い指導を受けてきた学生にしか聞きません!)
そして納得。
納得の先生ばかり。

基礎を大切にする。
どの子も信じて教える。
妥協しない。

この3つを守り続けている先生ばかり。

私は学生に
それがどれだけの「財産」になっているか
よく話す。
皆、「怖かった、大変だった」と言う。
子供時代にピアノの基礎を叩きこんでもらい、
そうしたことで生き方さえも影響する。

「夏休み、先生に会いに行ってらっしゃいよ。
喜ぶわよ。」
必ず言い添える。

夏休み後
その学生はさらにひとまわり大きくなっている。

新しい楽しい曲がどんどん出る。
それらを弾くためにも
やっぱり、古典派を勉強することは大事なのだ。
幼少時に古典派につながる指導を受けることは
とても重要なのだ。

今、自信を持って言える。







よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-28 21:12 | 教室 | Comments(0)

手編みのケープ

オーガニックコットンで編んだケープ。
手編みのケープ_d0165645_18113270.jpg

ボタンのかけ方で、ふとぉおぉぉぉい二の腕を隠す「マーガレット」というものにもなる。
オイオイ・・ (;´д`)ノ

冷房対策に・・・と編んだが
実は・・・・
猛暑の眠れない夜、
寝冷え防止の「オナカくるみ」になっている・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム
「オナカくるみ」ってナニ?
もしかして、ハ・ラ・マ・キ・・・・・・・








よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-28 18:14 | ハンドメイド | Comments(0)

行事連絡トラブル回避のために

教室通信配布しました。
画像を入れれば良かったなぁ、と少し反省。

行事連絡トラブル回避のために_d0165645_12191841.jpg


教室行事はしつこく何回も連絡。
発表会の連絡など、何度かプリント渡しても
「うちには連絡なかった」ということが
過去何回かあったので
しつこくしつこく連絡するようにしています。
今回は、行事参加の申込書を用意し
保護者の印鑑をもらうようにしました。
ちょっとギョウギョウしいのですが
やはりトラブル回避のためです。
by ree358 | 2010-08-27 12:38 | 教室 | Comments(0)

ホールが近いと・・・

自分の家からホールが近い、ってすごく便利。

近くのホールはコレ

何が便利、って「忘れ物大王」の私
すぐ戻ることが出来る。

ビデオカメラの三脚、
メイク道具、
ストッキング・・・・
コマコマしたものをよく忘れては
「ちょっと、取ってきま~す」で済む。

このホール、おしゃべり場所がたくさんあって
よく使っている。

チケットもふいにキャンセルが出るときもあるので
なかなか良い。
三輪明宏1500円2席だけあったときは
「この2席、アタシのタメにあるんだわ!」
と感動してしまった。

今日良かったのは
出勤前に沿岸に住む友人から電話があり
「突然なんだけど、北上のホール行くから、
ウニとホタテ持って行っていい?」と聞かれ
ホールの駐車場で感謝感激で受け取った。
私はそのまま学校へ。
友人はホール内へ。

ホールも学校も高速のインターチェンジからすぐ。

文化施設と
交通網は簡素にくっついていたほうが良い。

バランバランのところは本当に不便。

そして、私のように
やたら忘れ物が多い人は
ホールが近い方が絶対良い!
散々メモしても何かしら忘れている。

今日は、ホタテとウニを持って学校へ行ったが
財布と免許証を忘れていた。

こんなだから
ホールが近いに越したことはない。











よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
by ree358 | 2010-08-26 20:23 | Comments(0)