音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

検索

画像一覧

タグ

<   2011年 05月 ( 57 )   > この月の画像一覧

大声でスッキリ♪

沿岸被災地でホームコンサートを考えた方へ
主催者にはお電話しましたがさらに落ち込み、
ブログでつぶやいていても仕方ないので(笑)
再度きちんと伝えることにしました。

震災からのブログを印刷してバッサリ届けてもいいのですが・・・(笑)

今日のうちのお稽古でも
「へーっ!震災三日後にレッスン!?出来たんですかぁ!」という感想だし、
この沿岸の先生のところへは、
高校1年生が自らこの雑誌を持って来て「これ読みましたか!」と怒っていたのですって。

「誰も何も言わなかった」、って
今までそんな余裕がないのと、
自分と生徒の損得考えたら、黙っているのが賢明でしょう。

あたくし、もう怖いものありませんの。
もうこういう事態になったら、
守るべき人を守る、それしかないです。




====================

「地震三日後にレッスンを再開」の「被災地」取材記事。
※4月初めの取材だったそうです。

「東日本の指導者の皆さん、そして全国の指導者の皆さん、被災地では復興を視野に入れて、すでに立ち上がっています。」※立ちあがれませ~ん!
「今、現地ではどのような支援が求められていると感じますか。」※現地ってどこ?
「まだまだ生活の安定が優先だと思いますが、落ち着いたら、歌のコンサートなどの支援で心が休まる時間を贈るのも良いと思います。
ピアノを習っていた子がまた習えるように、楽器や楽譜のプレゼントなどもあったら素晴らしいと思います。その場合、窓口になる人が必要で、そこがポイントになってくると思います。」
※そっかぁ、あなた、被災地との窓口なんだ~

あの時点で、こういうことを記事に出来るのは
沿岸被災地に全く連絡を入れていないからです。
※沿岸の先生から確認しています。
その時点、4月初め
石巻・・ガス・水道なし
陸前高田・・・なにもなし(苦笑)
大船渡・・・電気・水道なし
釜石・・・ガスなし
15センチのお靴の要請が入り、再び地震で内陸もライフラインが途絶えました。
3月中はガソリンも店もなく、4月になりやっと連絡が取れ出したら、
沿岸の地獄絵図の現実情報が次々と入りました。
知りあいの方がどんどん亡くなっていることのショックは、
経験した人でないとわかりませんものね。

全国のピアノの先生、ピアノを学ぶ子たちのお母様方、音楽大好きのブログ読者の方から
たくさんたくさん物資と気持ちをいただき、
どんなに感謝しているか、何度も何度も申し上げました。
そこには食いつかないんですわぁ。(笑)
フツーの救援(?)ではなく、変わったことをしたいのだなぁ、と感じました。


「何をすれば良いでしょうか?」って仰るから
「炊き出し!」と答えました。
これはマジメに、沿岸の先生も大賛成。

九州の市役所職員が、
被災地で昼間は役所仕事、
夜は演芸会、をやっていてバカうけでした。
やることやってから、でないと受け入れてもらえないのですよ。


「窓口」になる方~~~、
あーた、3月4月と沿岸に電話1本よこさないで
人さまが集めた楽譜を避難所で配ってらっしゃいますよね~~~~~~
知っている人を大事にしないで、何やってんですかぁ~~~~~~
ヒンシュクですよ~~~~~~~~~~~~~~~(大声)

       スッキリした!(大笑)
by ree358 | 2011-05-31 21:30 | 震災復興 | Comments(0)

教室玄関

教室玄関_d0165645_14231543.jpg

教室玄関にアイアンを立てかけたら、とっても素敵053.gif
満足、満足♪
お花を置いているベンチは、昔、「花巻養護学校」の売店で買ったもの。

このお花の上には、フクロウの玄関ベル。
教室玄関_d0165645_14272544.jpg


・・・・ハッ!このベンチに乗って、子供たちはベルを鳴らすのでした。
お花置いたらマズイ!(笑)
by ree358 | 2011-05-31 14:30 | 教室 | Comments(0)

「被災地でホームコンサート」主催者へ電話

「被災地でホームコンサート」の主催者へ電話しました。

今になって、ではなく、
震災直後から
「こういう良いことをやっている」のを知らせたい人が現地で動くので
おかしいことになっていること、を訴えました。

「ニュース性」を必要としました、と謝ってくださいました。
そして、現地でどう動いているか本部が把握するべき、という意見を受け入れて下さいました。


被災地の高校1年生が激怒したこの関係雑誌の一文
「震災三日後からレッスンを再開」
雑誌、HPに「被災地が先導する」「復興への熱い思い」が載っていました。

震災三日後は、この高校生の街は「泳いで」移動?
あたくし、停電&断水、それから延々と続く自宅待機。
この被災地と連絡がついたのは,2週間以上過ぎて3月末。

「被災者の代表みたいに出ないでよね!」と友人が激怒していたのもわかります。
震災三日後から普通のレッスンが出来、沿岸と何の連絡を取ってもいない方に
復興を語られたくないです。

沿岸の知りあいの先生に3月4月と電話なし、
その間、楽譜集め、避難所で楽譜配布、「被災地」の支援として取材受ける、
そして今月ホームコンサートの依頼・・と
これが「支援」なんて現地では誰も思わないです。

今まで、くだらなくて本部に話す気にもなりませんでした。
それどころじゃなかったから。
今、大分余裕が出て
何がおかしいのか、伝えました。

言わないとわからない・・・
●ガレキを撤去して駐車スペース作ってください。
●現地は堤防が決壊しているので、小さい津波でも死ぬ覚悟をしている。
 そこでやる、覚悟があるのか、避難の仕方を考えているのか。
●治安は大丈夫?と聞くような人を連れて歩くな。
●ご近所にどういう目でこれから見られるか、想像してくださいね。

大きい問題はこの4つ。
あとは今までの色々KY。
わからないので教えてください、と仰っていただきました。
ハイハイ、ゆとりあるときは伝えます。
今、大雨警報で危ないのです。
今晩8時、NHK ツルベーさんの番組見てね。
 先週に引き続き、だけど石巻の友人の近くで、知りあい多数出演!



=================
いたっておだやかに、トシ相応に話したけど、
死亡者名簿を必死に探し続けた日々から色々思い起こして
涙が出て来ました。

H先生、生きていてくれてありがとう!
がんばっぺ!
by ree358 | 2011-05-30 14:57 | 震災復興 | Comments(2)

レッスンの工夫・・・価値観

昨日のレッスン。
レッスンの工夫・・・価値観_d0165645_946336.jpg


生徒とあたくしにしかわからないメモ(笑)

=============
むかし、
「ハノンをやって、ツェルニーをやって、バッハをやって、ソナチネをやって・・・
弾けないのは、ハノンをちゃんとやっていないからよっ!
丁寧にハノンをやらないからよっ!」

と「お小言」を言われたものだ。
・・・・・・・・・くーーーーっ、忍耐の「ピアノ」(笑)




これを上手く弾けるためには、どうしたらいいの?
って素朴に疑問を持つのが当たり前。
これをこうして練習したら、上手く行った、という経験を積み重ねないと
「先生」は信用されない気がする。
ゆく果て、「ピアノはつまらない」となる。


これを打破するには、日々、生徒目線でこちらが模索。
昨日の子、上手く弾けないところがあって、
テクニックを工夫して練習させたら上手く行った。
あたくしがもう一台のピアノで伴奏を付けて徐々にテンポアップ。

「たのしい~~~っ053.gif (先生が弾いた伴奏)ママ弾けないもんなぁ~
ママ弾けたらいいのにぃ~」としきりに言っていた。


=================
夜は「東京に行くくらい時間がかかる」所から通う受験生。
うちへ来るまで、ハノン、ツェルニー、バッハをやったことがない、のは痛い。
それをやってどうなる?って話なのだろうけれど、
大学受験で実生活に関係ない難しい数学や理科を勉強するのと同じで、
一見役に立ちそうもない大量のハノン、ツェルニー、バッハ、ソナタを勉強したことがあるかないか、
は、後の人生で価値観や考え方が全く異なることが
この震災で良くわかった。

本当に良くわかった。(笑)

高校生、気が狂うほど、勉強してくれ!
by ree358 | 2011-05-30 10:05 | 教室 | Comments(0)

今日の庭

今日の庭_d0165645_20232938.jpg

教室玄関前に置いた鉢植えの薔薇。

今日の庭_d0165645_20295142.jpg

雨が降る→雑草が伸びる

雨が降る→被災地が心配

雨が降る→ひきこもる→太る

雨が降る→雨水をためる→エコ・・・と近所の方はやっていた。偉いっ!
あたくしも雨が降って嬉しい、ことを考えねば003.gif


=================
追記
右下画像「ヒメツルソバ」ですって!
「ツルソバ」は地味なんですって。
教えてくださってありがとうございます。056.gif
by ree358 | 2011-05-29 20:36 | | Comments(2)

思春期に教える「ヨーロッパの夕暮れ」

昨日のレッスン。

思春期の中学生に、「ヨーロッパの夕暮れ」を説明しなければなりませんでした。
その上、恋人たちが語り合う、そんな場面も話さなければなりませんでした。

朝ちょろっと食べて、
お昼にはまた家族全員、家に戻りお昼を食べてお昼寝して・・
八百屋さんもきれいに並べた野菜を取り込み、
シェスタの間はひっそりと時間が流れること。

そして午後また学校や仕事に行き、
夕方帰って来るのだけれど、
日暮れの時間が遅いこと。
石畳の夕暮れの街を
恋人たち、家族がゆったりと一日を終わりを楽しむこと。

びっくらたまげる岩手の中学生。
そりゃそうです、あたくしもでしたもの。

そして恋人たちが夕暮れ時に語り合う、ってどんなか
ざーーーーっと話しました。(笑)
顔を赤らめ、「・・・ヤダ・・・・」思春期はうつむきました。

そこで、門下生の〇ちゃんたちが高校生のとき
ヨーロッパに連れて行ったら、
チューしてる恋人たちを見て、大声で騒ぎ出したこと
「センセ、まりこセンセ、チューしてる!チューーーーーーー!」
「ホンモノで見るのはじめでだや~(訳 初めてです」
興奮状態の高校生を落ち着かせるのに大変だったこと・・
岩手の思春期中学生
「・・・やだっ!」と今度は大声で言いました。


ヨーロッパがいいか、日本がいいか考えましたけど、
地震でも騒動が起きず、地震の臨時列車でも時間どおりに来る日本が
やっぱりいいわね、と二人で話したのでした。

その後、演奏がとってもロマンティックに変わりましたの053.gif
        チャンチャン♪
by ree358 | 2011-05-29 20:20 | 教室 | Comments(2)

一難去って・・・KY支援

一難去ってまた一難・・・
そんなことを思ってしまった「事件」が起きた。

今度は「被災地でホームコンサート」ですかい?

被災地に住む友人から、
断ったけど、怒る私はおかしいか?と聞かれ、
私でも怒る、けれど感覚が違う人はどこまでも違うから・・と応えた。

話を持って来た人は、
全国的に見れば「被災地」、沿岸から見たら「なんの被害もない温度差のあるヤツ」
で「前の騒動」と同じ人。

数日前、この「関係者」から前回と同じ手紙が来て失笑した。
さすがに、あたくしのブログからの引用?という言葉はなかったが、
相変わらずブログ文体で同じ内容。
一体、支援した人の気持ち、をなんだと思っているのか?
「書面」になる、ということをどう意識しているのか?

この話はあたくしたちの中で「終わった」話にしていた。

その矢先、1週間も経たずにして、
「先生のお宅で〇〇というピアニストがコンサートをしたいのですが・・」と来たらしい。
〇〇って言う方は存じ上げない。
ユンディ・リーが来る、ってのなら
あたくしたち、美容院へ行って、お掃除をして、
ケーキも準備してお待ちする。
〇〇、ってピアニストがどう人の心を動かすのか、全くあたくしたちは存じ上げない。
あたくしたちにとっては「知らない人」だ。

「床下浸水だから、うちは被害、と言えないんだけど・・」と
彼女は言うが、未だお母さんのお家などドロさらいに奮闘する毎日。
レッスンを始めたものの、安否確認をしたが返事のない生徒さんもいらっしゃる。
励ます、おつもりなのだろうが、
他人の家に入る、ということはどういうことか
今までの人生でどういう「気使い」を学ばれて来たのか、と思う。

学校や病院でピアノがあるところがあるのに、なぜうち?と彼女の疑問。
あたくしの予測。
●学校、病院へ対応する文書が作れない。
●クラシック慣れしていない避難所で演奏して、自分には人を感動させる力がない、と実は認識している。
●集客など、自分たちでやる手間が省ける。
●こことこことここでこういうことをやった、という写真入りの報告書を作りたい。
●被災地で直にこんなにいいことをした、と自己満足出来る。

・・・・今までの動き方、現在ネットで知るその人の文面では、
あたくしにそのように思われても仕方があるまい。

「治安はいいですか?」とやたら心配していたらしい。
人バカにするなよ、被災地に「ボランティアに来る」ってのに
治安がいいか悪いか心配するなら、若い女性がチャラチャラ ドレス着て
「おピアノ」なんぞ弾くな、て話だ。
もういい加減、自分本来の仕事を死ぬ思いでまっとうしてくれ。
そこから本当の「支援」が出てくるだろう。



感覚が違う人が「支援」とわちゃわちゃと心をかき乱すのは
いつまでもどこまでも「線路は続くよどこまでも」状態。
JRの線路は寸断された。
寸断させたいのは、こういうどこまでも
被災地の方たちにいらぬ気苦労をさせるKYな
自称「支援者」たちだ。
by ree358 | 2011-05-28 09:37 | 震災復興 | Comments(4)

今日の花、外と内

今日の花、外と内_d0165645_2042147.jpg

モッコウバラが咲き誇り

今日の花、外と内_d0165645_20484221.jpg

木陰でアジュガ(ピンク)がひっそりと

今日の花、外と内_d0165645_20505935.jpg

わすれな草で虫が休み

今日の花、外と内_d0165645_20541471.jpg

家の中では、紅茶缶にさしたシュガーパインがすくすく育ち、
その後ろで「がじゅ丸」が走りだしそう・・・(* ̄∇ ̄*)
by ree358 | 2011-05-27 21:11 | | Comments(4)

楽譜大量買いして・・・本業を極める

市内のデパートに入っている楽器屋さんで、
楽譜を大量買いしました。

こちらの本店は石巻。
社長さんと石巻の友人(ピアノの先生)の家のおばあちゃんは
同じ避難所だったそうです。
友人の家には、この楽器屋さんのものと思われるピアノの蓋が流れて来たとか・・

従業員皆さんがご無事だったこと、本当に良かったです。

ゴールデンウィークにこのお店へ伺ったとき、
店員のきれいなお姉さんは泣いていました。

仙台の問屋さんも被害にあい、
楽譜の調達が出来ないこと、
本店がどうなるかわからないこと、
大船渡の他の楽器屋さんが流され、店を閉めて廃業したこと・・・

今日、きれいなお姉さんはお元気になり、
本店は片付け中、電気はまだ、と明るくおっしゃいました。
一端「廃業」した大船渡の楽器屋さんは、
場所を変えて営業を再開し始めたそうです。

「楽譜が入るまで、待つから!」とあのとき言ったら
きれいなお姉さんは泣いてしまって、
1か月近くたった今日、
たくさん買うことが出来ました。


楽器屋さんは楽器屋さん、
ピアノの先生はピアノの先生、
漁師さんは漁師さん・・・
震災があっても、そう簡単に変われるものではないし、
本業を続けられる、という当たり前のことがとても嬉しく、
本業を極めることの大切さ、もこの震災で学んだ気がしています。


楽譜大量買いして・・・本業を極める_d0165645_2126729.jpg

by ree358 | 2011-05-26 21:27 | 震災復興 | Comments(0)

グリーンアイス

グリーンアイス_d0165645_16445954.jpg

白いミニ薔薇。
「グリーンアイス」というのですって。
お花屋さんが「アイスクリームじゃないよっ!」って。
わかってるぅ006.gif
アイスクリームの美味しい季節となりました♪
・・・てまた食べ物か・・・ヾ(- -;)
by ree358 | 2011-05-26 16:47 | | Comments(0)