人気ブログランキング |


音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市・奥州市・平泉町・一関市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします





☆Twitter☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
more...

検索

画像一覧

タグ

喜びも悲しみも・・・松岡淳リサイタルを聴いて

2010年6月16日(水)
東京文化会館 
松岡淳 ピアノリサイタル


「 物事とは、必ず表裏一体、喜びも悲しみも、片方のみでは成立しないものであり、片方を深く感じれば、もう一方をもより深く感じるものです。
 素晴らしい音楽家というのは、その微妙なを敏感に感じ表現しているのです。
                             
                 プログラム「ごあいさつ」松岡淳氏 記   」

==============================

プログラム
モーツァルト:「ああ、お母様、聞いてください」による12の変奏曲
シューマン: 幻想小曲集 作品12
ブラームス: シューマンの主題による変奏曲 作品9
シューマン=リスト:「献呈」
リスト:メフィストワルツ 第1番~村の居酒屋での踊り~


==============================


ブラームス国際コンクールで優勝している彼の「ブラームス鍵盤作品シリーズ」は今回7回目。

彼のすごいところは、音の合間に言葉があふれ出ていること。

昨年、彼のシューマン作品の講座を聴講し、とても感動した。

シューマンこそ彼の魅力をあますことなく表現できるのではないか、そう思った。

今までたくさんのシューマンを聴いてきて、その時々に感動したが

彼のシューマンは今までにない演奏であった。

今回こうして、東京文化の素晴らしいホールに響く音は

シューマンの喜びと悲しみ、詩的幻想をあますことなく伝えていたと思う。




盛岡出身の彼の演奏は
「ジュンくん」のときから魅力あるものだった。
いつもニコニコそれは楽しそうに弾く。
そして礼儀正しく折り目正しく・・・
立派な演奏家となった今、
もうとっくの昔に、「ジュンくん」などと言ってはいけないのだけれど、
今年は何か違うな、そう感じた。

演奏後、彼とお話したが
どうも気恥ずかしくて確信を言えなかったことがある。

メフィストワルツのときに
「あぁ、やっぱりそうだ」と確信した。
美しいだけではない、「毒気」の美しさを感じ
興奮した。
美しいだけのものは、はかなくもろい。
彼の言う「表裏一体」で、私の感ずるところの「毒」が同じエネルギーで存在するときに
天使と悪魔、聖職者となった身でありながら華やかな私生活であったリストの魅力は
充分伝わるものであった。

会場のお客様の「ノリ」もわかった。
彼の演奏会のおもしろいところは
いつもいらっしゃる方は必ず来る、というところ。
彼の人間性の魅力なのだろうけど・・・
一緒に行った私の門下生の子も、初めて聴いて大ファンになり
毎年楽しみにしている。

来年は
6月29日、オペラシティ。

このときにまた、新たな人間「松岡淳」の魅力に出会えることを
心待ちにしている。

ブラボー、マツジュン!



彼が合唱伴奏者として
2010年7月4日(日) 昼12時~4時30分 東京ガーデンパレス
全国金賞高校教員OB合唱講習会 にゲスト出演。
NHK合唱コンクール課題曲、全日本合唱コンクール課題曲、「大地讃頌」の伴奏を
どのように弾くか
ピアノ伴奏者必見!です。






よろしければ、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by ree358 | 2010-06-17 21:29 | 心にとまった言葉 | Comments(0)

コンクール日めくりカレンダー

コンクールの利用方法を間違えるととんでもないことになります。
以前は、「親の希望」を聞いてコンクールに出し
「高校の希望」を聞いて進学させました。

違う!


と、決意。絶対貫こう、としている今。

忙しい子どもたち。
ある年齢になったら、自分で考え自分で計画して
今、するべきこと、を考えなければなりません。

ただ経験のない子どもに
親が「こうするべき」と言ってなにがわかるものでしょう。
私は経験があるので、
このコンクールでここまで仕上げるには、
今、このくらいまで仕上げなければならない、と思うのであって
親が他の子と比べて
「〇ちゃんは〇賞だってよ、なんであんたは練習しないの?」
と言ったところで????だと思うのです。

子どもには、自分で考えられるところまで
とことん付き合って一緒に考えてあげる、
練習をいっしょにやる、というのではなく
今、子どもが何を頑張っているか
失敗しても大丈夫、という愛情を持って接して欲しい、
いつもそう思います。

失敗しないで来た大人なんてどこにいるでしょう?




「コンクールまであと何日?」
ポカーンとしている子どもたちに
日めくりカレンダーを作ることを思いつき・・・
  (大きい子ですよ)
コンクール日めくりカレンダー_d0165645_1335250.jpg


ざっと出来ました。
コンクール日めくりカレンダー_d0165645_1343828.jpg


あとはお家に帰って、もっとかわいくしてください001.gif


トシ取ると日めくりカレンダーが欲しくなるもの。
一日一日を大事にしたいですものね。

子どもたちも、一日一日大事に過ごしてくれたらいいな、
そう思いました。
# by ree358 | 2010-06-13 13:08 | 教室 | Comments(0)

シャビ~たピアノ看板

シャビ~なサビたピアノ教室の看板・・・

シャビ~たピアノ看板_d0165645_1352897.jpg


朝、教室の玄関を開けると
バラの良い香り053.gif

今日は咲きそう、と写真を撮ったら
シャビ~たピアノ看板_d0165645_13533691.jpg


シャビ~な看板が・・・


仕事のことだけ几帳面なガラパゴス(誰やねん?)が
「サビでら、サビでら~」(方言・・錆びているよ、の意)
唱えるので

「これは、サビ、ではなく、シャビ~、って言って
イマハヤリ なのよぉ」とかわしてきた。

・・・が、
ガラパゴス世代には「シャビ~」の良さはわかるはずもなく、
「だらしない」と思われる。


シャビ~もここまで来ると(最初から計算されたシャビーではないのだし・・・)
美しくないので、
ヒャッキン直行、ペンキ塗り。

シャビ~たピアノ看板_d0165645_140175.jpg



次に気が向いたら、
白いペンキを買って仕上げよう。


次に気が向くのは・・・・何年後?  うふ♪(* ̄ー ̄)v









身体もシャビ~なサビてる私に、よろしければポチッとください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
# by ree358 | 2010-06-07 14:04 | 教室 | Comments(0)