音楽教育の仕事をしています。ピアノ教室【ハルモニア】お稽古、暮らしの記録。ドルチェは音楽用語で「優しく」の意。


by MARIKO

画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

私の主宰教室です

ピアノ教室ハルモニア
岩手 むらさきの
<北上市・花巻市・盛岡市>

高橋麻利子 タカハシマリコ
⇒プロフィール☆

★ピアノ・合唱指導問合せ★

★当サイトに掲載された画像・文章等の複製・転載(コピー)は固くお断りします




☆茶々丸ブログ☆
☆Twitter☆
☆Instagram☆

最新のコメント

> junkoさん あ..
by ree358 at 17:12
黒糖プリン美味しそう~ ..
by junko02010201 at 07:47
> junko02010..
by ree358 at 12:49
marikoさん、こんば..
by junko02010201 at 21:29
> ありんぼさん ありが..
by ree358 at 13:34

カテゴリ

全体
プロフィール
教室
音楽教育

ハンドメイド
講習
震災復興
暮らし
心にとまった言葉
ランチ
コンサート
スィーツ
本・楽譜
音楽
学校
その他
つぶやき
レシピ
犬のこと
朝ご飯
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索

画像一覧

タグ

タグ:音楽教育 ( 44 ) タグの人気記事

ピアノ教室☆通信☆勉強会テーマ

d0165645_18184149.jpg
茶々丸 5歳に なりました

小中学生は 小さいときから 茶々と一緒



高校生のお姉さん 二人が 犬が怖かったの

春休みの 勉強会で 「怖さ」が 融け

今では レッスンを待つ間

右手にペン 左手に 茶々丸

かわいいんだって110.png

d0165645_18182361.jpg
大人になる前に 1個でも

「怖いもの」を なくすのは

人生を楽しむのに とても大切

みんな ありがとう

嬉しいです
d0165645_18203297.jpg


春休みに 教室オリジナル レパートリー・テスト を行いました




テーマは「自分で教室まで来よう!」

その経緯は こちら↓

ストレートに 言いますね

「依存性」の強い人に なって欲しくないのです

子どもに 「自立して欲しい」と

皆さん 仰います


回りの大人が 自立しようとする姿を 見せなければ

「依存体質」は 延々と 代々 続きます


依存性が 強いと

自分が 見えないので

今 何をすべきか 判断できません

次から次と

苦しみが 起きるのは それ


d0165645_18201100.jpg
教室まで バスや 列車 徒歩で来るって

自分ひとりで 考える

「内観する時間」を 持つことでも あるのですよ


勉強会の日は

お母さん方 ご心配でしたでしょう

この後 子どもたちは 誇らしげに なりました



音楽教育家 高橋麻利子



【画像1】フリルビオラの苗 thanks
【画像2】茶々丸のバースデーケーキは バナナロール。ヨーグルトクリーム&クランベリー添え。生地はほとんど卵。粉とてんさい糖少々。ハンドミキサーを使っても疲れ果てるまで泡立てたら、ちゃんと膨らみました。庭の花と。
【画像3】ピアノ教室通信 配布しました。
【画像4】小学3年生(勉強会当時)
勉強会前に一度、バスで来る練習をしました。原文を漢字変換しました。

「バスはあまり慣れなかったけれど、無事に教室に着けました。料金を払うときも、ちゃんと払えました。
弾くときは、緊張したけれど、うまく弾けて良かったと思いました。
(練習は)一日3回、(暗譜で)間違えずにやりました。初めは間違えていたけれど、だんだん間違えずに出来るようになりました。部分練習を丁寧に毎日出来ました。」


by ree358 | 2019-05-16 19:12 | 教室 | Comments(0)

ピアノ教室通信☆勉強会を終えて

d0165645_19415817.jpg
教室通信 配布しました

d0165645_19513790.jpg
春休み中に 勉強会を しました

d0165645_19545774.jpg
優秀な 生徒 というのは

人に 引き上げてもらえる力がある 生徒です

「生徒力」とでも 言いましょうか



礼儀正しく 謙虚でなければ

いくら 学校の 成績が良くても

誰も 引き上げてくれません

d0165645_19520970.jpg
自分の間違いを 認められるかどうか

で その力は 差が出ます

「生きる力」にも 繋がると 思います

本当に強い人は

自分のそのままを 認めることができている人 です


d0165645_19515151.jpg
大学を卒業するとき 担当の先生が

「君は4年間のレッスンで 一度もジーンズを 履かなかった

MARIKO先生の 指導だね」

と 仰ってくださったこと


関東の教員採用試験で

岩手出身と 言うと

「MARIKO先生ですね」と


卒業生たちは

「MARIKO先生って なんなんだ~?」と 言いますが

ちょいとうるさい のでしょうね(笑)

d0165645_19422832.jpg
もちろん 指導者である あたくしも

指導は これでいいのか

容姿は 遠くから時間を割いてくる生徒に 失礼ではないかと

常に 考え 記録もしています


音楽教育家 高橋麻利子




【画像1】thanks
【画像2】通信
【画像3】勉強会。茶々丸はこの日のためにサロンへ行き、イチゴのリボンをつけてもらいました。セーターはなんとか間に合いました。オーガニックコットン草木染糸。
【画像4】高校生。入会1年。

前回12月「ミスをなくして演奏したい。曲を今より楽しんで演奏したい。みんなの前であがらないようにしたい。」
今回3月「前回は止まりそうな不安な気持ちで弾いたけど、今回は前回より落ち着けたと思いました。止まらないで演奏できました。
部分部分での練習を増やして、しっかりと弾けるよう取り組みました。」

【画像5】高校生。

「今回は演奏のことだけでなく、レッスンでの礼儀について教えてくださいました。服装のことや、お金の扱いについて知ることができて、今回も良いレパートリーテストだったな、と思いました。
また、新しい曲に挑戦したいと思いました。ピアノを習うことはとても楽しいので、これからもたくさんピアノを弾いて行きたいです。」

【画像6】クラブハリエにて。

★勉強会記録★




by ree358 | 2019-04-17 20:57 | 教室 | Comments(0)

ピアノ教室☆通信☆教室作り


d0165645_14425816.jpg

今年は 春が早いですね

ピアノ教室 通信 配布しました

d0165645_14445781.jpg
40年近く 指導してきて

ピアノも 勉強も 伸びた子は

自分の足で 通った子たち でした


自分でやる力 = 考える力 です

d0165645_14495828.jpg
考える力 のない子は

「回り見たら もっと練習(勉強)しなきゃダメでしょ」

と いくら親(指導者)が 言っても

気が付かない のです

d0165645_14441860.jpg
自分(の演奏)の どこが悪いのか

自分の 体調

対人関係
気が付かない は

「危ない」「トラブル」を 回避する力が 弱くなります

d0165645_14423016.png
自我が 確率されずに 大人になると

自分の葛藤を 自分で解決できません

(「本当は 〇〇だったのよ」とか

「〇〇なのは ▲▲(家族)のせい」 とかね)

外面いいのに 家の中で 不機嫌な人 

が それです

高学歴でも です

その葛藤を

子どもで 晴らしては いけません

d0165645_14434682.jpg
自我の形成に良い環境 の中に

子どもたちを 置くことは

とても 重要です
d0165645_14432038.jpg
「利用」しない

「成功」を ねたまない

「自由」に 感じることができる


そういう教室作りを

生徒 保護者の皆さまと 共に 作っています



音楽教育家 高橋麻利子



【画像1】thanks
【画像3・4】中学生。「弾いた曲をいつまでも覚えていたいと思った。(以前と比べて)他の人の演奏を聴けるようになった。前回のテストより基礎を練習したり、ゆっくり練習などを多くするようになった。」

【画像5】犬ヴァレンタイン。犬はチョコレートがダメなので、キャロブのトライフルを作りました。「ごきげんワンごはん」というサイトにとり上げて頂きました。

【画像6】小学4年生のお母さま。「先生のご指導がなければ、今のように身の回りのこと(一人で留守番のときにご飯を作るとか)ができるようにはなっていなかったと思います。大人の自分は分かっているようで、実はわかっていませんでした。先生にご指摘を受けて気づくことが本当に多いです。毎回感謝しております。」

【画像7】ロブションのカヌレ。ラムバターフランスも。美味しかった~113.png113.png113.png


by ree358 | 2019-03-07 18:20 | 教室 | Comments(0)

ピアノ教室☆通信☆勉強会テーマ

d0165645_11195650.jpg
ピアノ教室 通信 配布しました

d0165645_11223748.jpg
また一年 子どもたちが 満ち足りた心で

育ちますように


何事も 自分に 帰って来ますからね


ひととき ひとときを

愛おしく 過ごして行こうと 思います
d0165645_11205460.jpg

中学生が

「MARIKO先生は みんなのこと 一人一人

大事にしていると 思う

それ わかる」 と ボソッと 呟き
 

SNSの 100万個イイネ より

嬉しかったですよ

数じゃ ありませんよ 比べられない


d0165645_11185535.jpg
暮れの勉強会 小学生以下は

「音読・お話、 ピアノ独奏、 伴奏付け」
d0165645_17112653.jpg


当教室の「読み・書き・ピアノ」指導の 発表でした
d0165645_11093891.jpg




【画像1】thanks
【画像2】ハルモニアピアノ教室通信105号。
【画像3】朝食は庭の小鳥を眺めながら。ジョウビタキ。
【画像4】第40回ピアノ・レパートリー・テスト  左:指導者用プログラム。右:当日配布された歌詞カード、会場の皆さまに一緒に歌って頂きました。
小学3年生以下は音読。小学4年生以上はお話を、暗記ではなく、自分の言葉でまとめて皆さまに語りかけました。昨年発表した論文は、この指導とピアノ演奏に関する関係について、です。


【画像5】小学5年生。

「(弾き始める前に思ったことは)ゆっくりと、リラックスしてひくこと。みんなが歌いやすく、楽しくひくこと。
なめらか~~に みんなが歌いやすいようにひけた。」

記:音楽教育家 高橋麻利子




by ree358 | 2019-02-08 12:11 | 教室 | Comments(0)

ピアノ教室☆勉強会☆今年もよろしくお願いします

d0165645_13021712.jpg
あけまして おめでとうございます

本年も よろしく お願い申し上げます
d0165645_13370014.jpg
暮れの 12月30日

教室オリジナル ★ピアノ・レパートリー・テスト★

ホールにて 行いました
d0165645_13064173.jpg
「継続」の 価値が わかる人に 

育って欲しい と 思って来ました
d0165645_09374438.jpg

真摯に続けて来た人しか わからないし

見えないものです


「先生」と言われているから わかる

ものでもないのですよ


職業&地位 は関係ありません
d0165645_13010531.jpg
続けるために 必要なのは

人と物を 大切にするかどうか

それを 伝えることができるか ということ


それは あたくし自身にとっても

生涯 課題です

d0165645_13340620.jpg
「物」は 失くなりますが

確かな「技術」は 失くなりません

「あら 昔やったけど 今 弾けないんです」

それは 確かな技術 ではなかったこと
d0165645_13003183.jpg
継続すること

継続できるために 整えること

そして

確かな技術を 身につけて行くこと


今年も 豊かな一年に なりますよう。。。



音楽教育家 高橋麻利子




【画像1】高校生&中学生のお母さま方から。ありがとうございます。Aちゃんパパの作品。
【画像2】ホールはいつもより1時間多く取ったのですが、時間が足りなくなりました。次からの課題です。お花はサプライズで、さくらホールの皆さんと打ち合わせしていたのですってね!ホールの皆さんには本当によくして頂いて感謝しています。

【画像3・4・5】高校生。第1回のレパートリーのノートと今回のノート比較。こうした記録が「財産」。

演奏をしているうちに、身体もほぐれて行って、楽しく弾くことが出来ました
今までの発表ではなかった感覚だったな、と思いました。
今までのテストでは、固まって演奏していたのが、
今回のテストでは緊張しなくて、回りに誰もいないような感じがして、
自分の音がよく聞こえて来ました。」

【画像6・7】お花は卒業する学生から。ありがとう。小学生が気になっていた「茶々くんのクリスマス」。クリスマスには、その年の「犬手作りごはん」で発見のあったものを使うようにしています。リンゴとバナナのクラフティです。リンゴとバナナは嫌い、と思っていたのですが、農薬が嫌いだったようで、減農薬のにしたら大好きなそうです119.png 卵は平飼い有精卵です115.png 「農薬探知犬」ってヤツですかね。。。




by ree358 | 2019-01-15 14:36 | 教室 | Comments(0)

ピアノ教室通信☆ 「緊張」「考える」☆ 叶の抹茶パフェ

d0165645_17432251.jpg
クリスマスは もうすぐ

d0165645_17435320.jpg
ピアノ教室 通信 配布しました
d0165645_17425012.jpg
年末に行われる 勉強会

ハルモニア オリジナル レパートリーテストの連絡 など

世の中

考えて生きて来た人 そうではない人がいます

職業に 関係ありません


「考えて」いない人って

他人に指示が多い (「ウザい」とも言います)

すぐ真似る (「パクる」って言います)

自分に自信がある (コンプレックスの裏返しですね)

刺激が好き (自分のすぐそばに視点がいかない)

忙しいのが自慢 (他人をせかすの)

常に ピリピリした緊張状態 です

まぁ 疲れますわね

d0165645_23051203.jpg
子どもが 常にこういう状態に置かれたら どうなるでしょう

グレる

言いなりになる の どちらか


言いなりになっている子を

世の中の大半は 「あの子は いい子だ」と 言うんです

冗談じゃありません!


そうして大人になったら

考えることのできない人 になりますよ

d0165645_17422409.jpg
音楽は本来

心を ほぐすべきものなのに

音楽を勉強することで

常に「緊張状態」になっては いけないと思います



「豊か」というのは

モノがある ということではありません

多様な考え方が出来る ということです
d0165645_18114511.jpg
辻利の抹茶アイスは 美味しい

それに ゴマの寒天と ソフトクリーム

白玉 あずき 栗 焼き菓子を 添えたら もっと美味しいって

考えた 叶さんは やっぱり凄いのですわよ♡


考えなくちゃ104.png


良いクリスマスを



音楽教育家 高橋麻利子




【画像1】今年のクリスマススワッグ
【画像2】都内のビルのツリー
【画像4】クリスマスに間に合いそうにもない茶々丸のセーター
【画像5】中学生。今年入門。

「まだ完璧には程遠いが、自分で考えて弾けるようになった。
前より緊張することがなく、人前で弾いてもあまりあがらなくなりました。人がいると緊張していた。
昔と比べて、ゆっくり練習を多くした。」




by ree358 | 2018-12-18 18:33 | 教室 | Comments(0)

ピアノ教室☆勉強会☆「考える」☆都立美術館パンケーキ

d0165645_17301444.jpg
ピアノ教室 勉強会 終了しました

ハルモニア オリジナル レパートリー・テスト

39回目 
d0165645_17382001.jpg

今回は 「考えて」弾いているか に 注目しました

当たり前?

いえいえ

頭に 思い浮かべ 選択しながら弾く
 
ことは 「考える」とは 違います
d0165645_17294967.jpg
たくさんの ことを 学びますよね

頭に 「インプット」して 「学んだ」 ことを

「考えて」 行かなければ なりません



「思い浮かべる」「選択する」は 

「考える」 ことでは ありません

d0165645_18055535.jpg
ピアノの演奏も 先生の弾いたとおり

積み重ねて 弾き切るのは

「考えて」いません 

いつか 限界が 来ます

d0165645_21140568.jpg

生涯 音楽を 楽しむために

人生すべてを 楽しむために

生徒自身が 「考える」力を 育てます



音楽教育家 高橋麻利子






【画像3】東京都立美術館カフェのパンケーキ。あんこは「みはし」。都立美術館の企画力が毎回素晴らしい。このときはレオナール藤田。圧巻でした。
【画像4】小学4年生。勉強会を終えて。

「練習の時は何も考えないで弾けるけど、レパートリーテストの時は、緊張して考え事をしてしまう。(ので、さらに緊張してうまくいかない。)」これを書いてからどうしたら良いか、ウンウン唸って考えて・・・
ふだんの練習の時も考えて弾きます。

【画像5】中学2年生。

「次はテストが楽しみになるくらい練習したいです。小さい時はテストが楽しみだった。小さい時は簡単で、あまり練習していなくても褒められていた。キレイな演奏はどうすればいいか考えてる時、楽しいと思った。」










by ree358 | 2018-10-18 18:17 | 音楽教育 | Comments(0)

ピアノ教室通信100号☆ 知的好奇心☆ パレドオールのパフェ

d0165645_19434288.jpg
ピアノ教室 通信 第100号 配布しました

毎月「ハルモニア通信」として 連続発行

100回 となりました

d0165645_19420989.jpg
子どもの 知的好奇心は

本来 誰にでも あるものですが

それを 奪うのは 廻りの 環境です


d0165645_19425478.jpg
生徒の 知的好奇心を 満たし伸ばす 指導

生徒自身が それを受け入れる準備が あること

親が そういう土壌を 作ろうと 努力すること

三者が 上手く共存して 「知性」が 育ちます

d0165645_19414701.jpg
子どもは 自分が「利用されている」 と感づいたとき

反発する フリーズする 

ひどい場合は あきらめて 言うがままになる・・

何事も ある程度まで 伸びますが

その先は 伸びません


「知的好奇心」は そこで 枯渇されて しまいます


子どもを「利用」しているのは

指導者であったり 親であったり

自分自身に 自信がないと

無意識に そう接してしまいます
d0165645_19431285.jpg
昔は そういうことに 目をつぶるしか なかった気がします

今は パワハラ モラハラ という言葉で

人々に 認識されるように なりました



ずっと それとの 闘いでした

これからもでしょうね



静かに ひっそりと 闘い続け(笑)

お弟子さんたちの 知的好奇心を 満たす指導を

模索して 行きます




音楽教育家 高橋麻利子


【スマホからお問合せの方へお願い】スマホは初期設定のままですと、パソコンからのメールを拒否してしまいます。お問合せの際は、解除してから送信してくださいますよう、お願い申し上げます。

【画像1】6月の我が家の庭の花。芍薬、オルレア、スモークツリー。
【画像3】ミケランジェロはもちろん、古代ギリシャ彫刻を見ることが出来て興奮 (≧▽≦)
【画像4】中学生男子。「レッスンがとても楽しい。」ありがとー(^▽^)/

【画像5】パレドオールの限定パフェ。和三盆アイス、抹茶アイス、黒糖チョコアイス、和栗アイス、和三盆クリーム、抹茶クリーム、カカオの水ようかん、チョコアイス113.png113.png113.png



by ree358 | 2018-09-14 20:28 | 音楽教育 | Comments(0)

音楽指導☆軸 ☆大人のソルフェージュ

d0165645_12034237.jpg
「勉強したい」という意欲のある方に 教えるのは

大人の方でも 小さい子どもでも 楽しいです

d0165645_12070175.jpg
子どもの場合は

お家の中に 誰か お勉強を 楽しそうに やっている人が居れば

自然と お勉強好きに なります



子どもの勉強が 親自身の 今まで満たされなかった思いに 利用されれば

当然 勉強は嫌いだし

ねじ曲がった子に 育ってしまいます
d0165645_12043182.jpg

きっかけが そうであったにしても

お子さん 親御さん 指導者 一緒に 歩むことで

軸を まっすぐに近づけようとすることは

指導者自身の軸を 整えるためにも

努力すべきと 思っています


<常に これで良いか 軌道修正しなければ

すぐ 安易な方 に ブレて行きますから>

d0165645_12023461.jpg

「本物に なりたい

と 思って生きることは

人生に 天と地ほどの 開きが出る」


こんなことを ミワさま(笑)が

仰っていたことが ありましたが

自分が トシを 重ねるほど

それを 感じています





音楽教育家 高橋麻利子






【画像1】カラミンサ、キャットミント、タイム。
【画像2】お勉強会の様子。
【画像3】みんな足が大きくなっても小さいスリッパをはきたがるので(これが謎・・)サイズを書きました。

【画像4】大人の方、クラッシク楽器演奏を高めるためのソルフェージュ指導。音楽史・世界史を取り入れてお話します。そうすることで、基礎の土台が肉付けされます。そういうレッスンが出来るのも、学び手の方の今までの積み重ね、ご自身の姿勢、があるからこそ。

夢のような時間で、久しぶりに深い感動に浸って居ります。」


by ree358 | 2018-08-20 12:47 | 音楽教育 | Comments(0)

ピアノ教室☆勉強会終了☆ 一年の変化を・・

d0165645_16350129.jpg
ピアノ教室 勉強会 終了しました

オリジナルの 「レパートリーテスト」は 38回

d0165645_16352968.jpg
中高生の演奏は 品位ある演奏で 感動しました

品位 というのは

丁寧に取り組むこと 続けること

から 初めて 生まれます

9年 10年

きちんとした 勉強を続けて来たからこそ

生み出されます
d0165645_16343664.jpg
人格形成は 中学生までで ほぼ決まる と

実感しています



ならば その時期までに

丁寧に 大切に 生きる クセを


生き抜く 力強さ を


よく泣く子 というのは

心優しいのではなく ストレスに弱いのです


よく泣く女の子 ましてや 男子 では

いけません


目の前の 問題を 解決しようとせず

回避しているだけ です

d0165645_16362803.jpg
今回は 一年前のノートを見て

小さい子は お母さんたちに

中高生たちは 自分たちで どう変わったか

確認しています


皆 自分の問題点と 向き合えるようになった 強さを

とても 嬉しく思いました



音楽教育家 高橋摩利子




【画像2】小学生グループ。始まる前はこうして落ち着いて楽譜を確認しています。これもうちの教室の特色。

【画像4】中学2年生。「中学2年生になって 初めてちゃんと※朝ピアノをやった。朝練習するだけで気分が良いし、時間の使い方(練習の仕方)もやるべき所(ポイント)をおさえてやる事ができた。まだ完全に毎日できている訳ではないので、できる日できない日、を区別して作らず、毎日コツコツ、その日やるべき所をその日(の朝)に解決できるようにしたいです。
 プラス思考で考えながら、前までのテストより自信を持って演奏できました。MARIKO先生に「まだ起こってもいないのに、心配する必要はない」と言われたのを思い出して、今回のテストは、自分の名前、演奏する曲を発表する時から、はっきり明るく話すようにして、自分で明るい雰囲気を作って「あの部分大丈夫かな~?」っていう心配とかを思わないようにした。」

※朝ピアノ: 教室オリジナル 2012年スタート。





by ree358 | 2018-07-19 17:17 | 教室 | Comments(0)